乾為天

けんいてん

image

昇りゆく竜

case.1

活動的な気が健やかに伸びるとき。 自分の行くべき道を、正しい姿勢で、 歩み続けることができるならば、 道は大いに通っていくことになるでしょう。 勢いのあるときなので、積極的に、 果敢に、飛翔を目指して。

初爻

case.1

活動性はまだ潜んでいる段階なので、 すぐに行動に出ようとはしないこと。 もうしばらく自重して、時を待つべき。

case.2

飛翔のときは、目前。 でも、今はまだ、 すぐには飛び立てない。 静かに身を潜めて、 確実に訪れるそのときを じっと待つことが必要な段階。

case.3

まだかまだかとうずうずして、 出発のときを待っているようですね。 そう、そのときはもう迫っている。 スタートまで秒読み段階です。 勢いよく飛び出す準備を!

case.4

自分から積極的に 働きかけたい気持ちがあっても、 もうしばらく我慢を。 お互いに、前に進みたい 気持ちはあるようだけれども、 相手はまだ迷っている様子。 もう少し時期を待てば、 勢いに乗れるチャンスが訪れそう。

二爻

case.1

行動に出て、思うことを表現すべきとき。 目指すべき理想や目標となるような姿を、 追い求めていくとよいかもしれません。

case.2

行動を開始していく。 これまで秘めてきたことを 表に出して、積極的に活動し、 交流していく。 伸びやかな上昇気流の中で、 健やかに道が通じていく段階。

case.3

さあ、いよいよですね! 何をしますか、何を始めましょうか。 注目され、期待されています。 力強く、前向きに、健やかに、 能力を大いに発揮して、 頼もしい輝きを放っていきましょう。

case.4

伝えたいことがあるのなら、積極的に。 きっと、ありがたく、喜んで、 受け取ってもらえることでしょう。 相手の役に立つこと、 自分の役に立つことのために、 行動を起こしていくとよいときです。

三爻

case.1

勢いが強く、危うさもあるとき。 一日中、努力し励み、夜にはさらに反省して、 自戒することを怠らないようであれば、 咎められることなく済むでしょう。

case.2

上昇気流に乗っていく。 常に自分を振り返り、 改めるべき点がなかったかと 見直し気を引きしめていく。 向上心と自制心を両輪として、 堅実に上を目指していくべき段階。

case.3

とても自分に厳しいのですね。 こんなにも絶好調なのに、 浮かれて調子に乗ることもなく、 反省を怠ることがない。 それが向上を続けるための鍵だと 分かっているから、伸びていく。

case.4

ついつい積極的になり過ぎて しまいやすいときなので、 自分の言動を常に振り返って、 反省を怠らないようにすること。 相手の方がさらに積極的で、 ぐいぐい押してくるかもしれませんが、 つられて勢いで進んでしまわないで、 踏み止まった方が賢明。

四爻

case.1

進退に迷うことがあるかもしれませんが、 然るべきときが来たら、飛び立って。 今すぐに決断できなくも、 特に問題とはならなさそうなので、 タイミングを見計らうこと。

case.2

不安や恐れと闘っていく。 行くか行かないか、いつ飛び立つか、 一歩を踏み出す決心を固めていく。 大きく羽ばたく機を伺い、 飛躍の前の心の準備をする段階。

case.3

迷いますよね。 踏み出すのは怖いもの。 うまくいくと分かっていても、 足がすくんでしまいますね。 気持ちを整えましょう。 時間はたっぷりかけてもいい。 大丈夫、飛び立てます!

case.4

出方を迷いやすいときですが、 慎重であって問題なし。 向こうも行動に出るタイミングを 伺っているようなので、 相手の様子や状況をよく見て、 どう出るかを判断するとよいでしょう。 踏ん切りがついたときには、 思い切って、積極的に。

五爻

case.1

飛翔のとき。 飛び立ち、思いを遂げることのできるときですが、 さらに追い求めるべき目標や理想とする姿を、 心に留めておくようにするとよいでしょう。

case.2

健やかに飛翔していく。 上へ上へと、大きく伸びやかに、 活発に積極的に昇っていく。 道はどこまでも通じていく、 気持ちよく真価を発揮できる段階。

case.3

晴れやかですね。 雄大な上昇の流れに乗っていて、 すごく気持ちがいい。 活動しましょう。 やりたいことをやりましょう。 大きく伸び伸びと羽ばたいて!

case.4

飛躍的な進展も、 期待できそうなとき。 相手は、積極的に、 自分のことを知ってほしいと 思っているようです。 とてもうまくいっていて、 天に昇るような気分かもしれませんが、 何か気になることがあれば、 信頼できる人に助言を求めて。

上爻

case.1

調子に乗って昇り過ぎれば、 降りることができなくなって、 後悔することになりそう。 勢いに乗るのもほどほどに、 自分の目指すところを行き過ぎないで。

case.2

昇り詰めていく。 まだまだもっと上へ行きたくても、 これ以上はもう昇れない。 積極性が裏目に出始めていく、 流れの変化に気づくべき過渡期。

case.3

もっと上に行きたい。 怖くても行きたい。 行けるところまで行ってみたい。 結果がどうだろうと行きたい。 それもありですよね。 自分に悔いがないように、 どこまで行くか決めてください。

case.4

うまくいっているからと 調子に乗っていると、 後悔することになるかも。 同じ気持ちを抱いていても、 相手は、慎重に、堅実に、 進めていくことを望んでいる様子。 自分だけ舞い上がってしまって、 気づけば独りだった、 などということにならないように。