天沢履

てんたくり

image

虎の尾を踏む

case.1

目の前に危険が迫っているようなときですが、 恐れを捨てて、柔らかい気持ちで対処すれば、 危機を乗り切り、道を通すことができるでしょう。 踏み越えなくては進めないものがあるのなら、 強行的に突破しようとするのではなく、 うまく懐柔する方向で考えていきましょう。

初爻

case.1

自分の道を素直に踏み進んでいけるとき。 踏むべき道に集中して忠実に進むならば、 何も問題となることはないでしょう。

case.2

緊張する場面。 いつも以上にうまくやる必要はなくて、 いつも通りに、平素の自分でいればいい。 目の前に何が立ちはだかろうとも、 自分の一歩を信頼して踏み進んでいく段階。

case.3

相手に対する 恐れや不安のようなものが あるのかもしれませんが、 平常心を心掛けること。 向こうは向こうで、 自分自身のことに集中して 取り組んでいるところのようなので、 こちらはこちらで、いつも通り、 普段通りの自分らしさを大切にして、 過ごしましょう。 落ち着いた態度を維持していれば、 何も怖がる必要はありません。

二爻

case.1

自分の道を淡々と踏み進んでいけるとき。 何にも心を乱されずに、黙々と 自分の道を踏み進もうとする態度は正しく、 良い結果に通じていくことになるでしょう。

case.2

目前には、危険あり。 何が待ち構えていようとも、 平然と自分の道を踏み進めていく。 冷静に落ち着いて素知らぬように、 踏み越えるべき難所に向かっていく段階。

case.3

今は、相手がどうあろうと、 気にしないこと。 自分は自分を信じて、 自分の行くべき道を、 淡々と進んでいく。 相手がどうしていようが、 何を思っていようが、 今の自分には、関係がない。 そういう態度を貫くことが、 お互いのためになるときです。

三爻

case.1

身のほどを過ぎたことをしたくなるときですが、 思い上がって危険を冒すようなことをすれば、 危難が降りかかってくることになり、 結果は悪いものにしかなりません。 実力をわきまえ、強行は慎んで。

case.2

危険に近づく。 出来もしないのに出来ると信じて、 強気で進んで、ノックアウト。 過信して、自分で自分を 窮地に追い込んでしまいやすい段階。

case.3

相手の様子を何とか伺おうとしたり、 足元がおぼつかないのに進もうとしたり、 どうにかして相手に近づこうと、 捨て身の作戦に出てはいないでしょうか。 相手もそんなこちらの様子をよく観ていて、 この関係を進めることが幸せにつながるのか、 見極めようとしているみたい。 思い余って、妙な行動に出てしまえば、 ばっさり切られる、なんてことになるかも。 お互いに応じ合う気持ちはあるようだけど。

四爻

case.1

まさに危機を踏み越えようとしているとき。 強い意志と柔軟な態度をもって、 慎重に対処し踏み進めていくならば、 最終的に、良い結果を得ることになるでしょう。

case.2

恐る恐る進んでいく。 勇気を奮い立たせて、 慎重に入念に警戒して、 そっと一歩を踏み進めていく。 柔軟かつ賢明に、 難所を通り抜けようとしている段階。

case.3

関係に危うい点があっても、 十分に警戒をしながら、 柔軟に対処することができそう。 相手は、 いつもの自分のペースを 乱されたくない、 と思っているようなので、 強引な出方はしないこと。 相手に気を取られずに、 自分の一歩一歩に集中して 歩んでいくことが大切なときです。

五爻

case.1

決然と、危機を踏み切っていく力のあるとき。 自信も実力も備わっているときですが、 どんなにそれが正しいことであったとしても、 強行的な姿勢には危険が伴うことを、忘れないで。

case.2

果敢に危機に挑んでいく。 乗り越えていく自信があり、 そうすべきだと確信している。 危険を冒して、断固として 決定的な一歩を踏み出していく段階。

case.3

相手の関心は、今は、 こちらには向かっていない、 と思っておくべきかも。 大胆な決断をしようとしているなら、 危うさがあることを忘れないで。 相手には相手の道があり、 自分には自分の道がある。 自分の決意を、相手に 押し付けることはできません。

上爻

case.1

踏み進めている道の先にあるものの 兆しが見えてくるようなとき。 その予兆を受け取って、 踏み進め方をうまく調整していくならば、 素晴らしい結果を得ることができるでしょう。

case.2

緊張が去っていく。 うまく立ち回り、 踏むべき確実な一歩を踏み重ね、 明るい見通しを立てていく。 この先に待ち受ける喜びを 実感できるようになっていく過渡期。

case.3

相手との関係をよく観て、 振り返り、反省し、調整して いくことが大事なとき。 相手にも気を配って、 もしも不穏な兆しがあるようならば、 一緒に改善を目指すようにすると よいでしょう。 きっとうまくいく、 最高の関係を築いていける、 という予感をつなげていけるよう、 日々の努力を。