天地否

てんちひ

image

塞がる

case.1

物事が行き詰まり、道が塞がるとき。 どんなに正しい姿勢で、正しい道を歩もうとしても、 うまくいかなくなってしまうようなときです。 動きが停止し、交流が生じにくいときなので、 何かを働きかけたところで、無駄となるかも。 しばらくは、衰運のときと辛抱して、 大人しくしているのが無難かもしれません。

初爻

case.1

つながっているものをまとめて、 力を合わせるようにしてみれば、 何かが動くこともありそうなとき。 それが正しい志によるものであれば、 良い結果へと通じていくことになるでしょう。

case.2

停滞感が強まっていく。 今ならまだ、一つ行動を起こせば、 つながり連なっているものを ごっそりと動かすことができる。 流れが完全に止まってしまう前に、 動かすべきものを動かしておく段階。

case.3

詰まりの原因となるものは、 根こそぎ掘り返して、一気に まとめて抜き取ってしまいましょう。 どうしても塞がりやすいけれど、 まだまだ、あきらめなければ 通していけます。

case.4

関係が行き詰まりやすく、 交流も難しいようなときですが、 気持ちは、応じ合っているはず。 ひとつ何かを動かすことができれば、 後が連なるように、色々と 動き出していく可能性があるので、 何とか一緒に力を合わせてみて。 動かす力は相手の方にあるので、 主導権は、向こうに渡すこと。

二爻

case.1

従うべきものに従い、 受け容れるべきものを受け容れるならば、 良い結果につなげることができるとき。 塞がるときであることに動じずに、 泰然と構えていることができれば、 自然と道は通るようになるでしょう。

case.2

行けると思っても、行かない。 行き詰まるときであり、 こういうときに動いているものは 本道とは無縁のものだから。 停滞を感じ取り、受容し、 時運に静かに身を委ねる段階。

case.3

じたばたしても仕方がないときだと、 よく分かっているようですね。 そのときが来れば、 自然とまた流れが生じ始めるのだろうし、 焦ってもどうしようもない。 その態度が最善です。

case.4

関係が行き詰ったようでも、 気持ちは応じ合っているので、 じたばたしないこと。 今後の鍵は、 相手が握っているので、 そのことを受け容れて、 素直に従った方がよさそう。 自分の力で動かそうとせずに、 そのうち、なんとかなるだろう、 と思っていれば、大丈夫。

三爻

case.1

正道が塞がったからといって、 邪道を行こうとしてはいないでしょうか。 そんな自分を心中で恥じるぐらいなら、 考え直すべきでしょう。 運気が変われば、そのうち邪道が塞がり、 きっと正道が通じることになるのだから。

case.2

行くべき道がふさがっていく。 行くべきではない道を通れば、 自分の誇りに傷がつく。 この状況で進むことの意味を 背負い考えるよう厳しく促される段階。

case.3

しない方がいいです。 自分で分かっている通り。 その考えは捨てるべきです。 そんなことをしたら、 きっと自分を許せなくなる。 焦燥感に駆られても、我慢を。

case.4

関係がうまくいっていないからと、 妙な考えを持たないこと。 相手に隠さなければならない ようなことをするのは、 善くないと分かっているはず。 そのうちに、相手から、 良い知らせが届いたときに、 恥ずかしくない自分で、 いるべきではないでしょうか。 状況が行き詰っていたとしても、 想い合っている相手なのだから。

四爻

case.1

道が開ける兆しが見え始めるとき。 そうすべき運命にあると確信できたなら、 思い切って進んでも、問題ないでしょう。 その道を行こうとするもの皆に、 幸福な流れをもたらすことができそう。

case.2

道を開いていく。 閉塞し停滞していた状況に、 かすかな光が射していく。 幸運を呼び寄せ流れを起こす、 動く時機の到来を確信していく段階。

case.3

希望が出てきましたね。 どうにも動かせなかったことの とっかかりが見えてきた感じ。 その直感、信じましょう。 そのときが来たとき、きっとそれが、 幸運の鍵となる。

case.4

行き詰まった関係を、 打開する力のあるときですが、 慎重さは必要です。 何でも試みればよいわけではなく、 確信を持てたときに、行動すること。 相手も、きっと心得ていて、 そのときが来れば、一緒に動いて、 共に幸せな未来へと向かって いくことができるはず。 結びつきの強い相手です。

五爻

case.1

塞がりを解くことのできるとき。 それを成し遂げられる力が備わっているならば、 良い結果を得ることができるでしょう。 閉塞を解消させることができたとしても、 いつまた危うくなるか分からないのだから、 しっかりと固く安泰のときを繋ぎ止める気持ちで、 自戒を続けていくことが大切です。

case.2

ふさがった道を通していく。 すぐにまたふさがるかもしれない、 そうなれば再び通していく。 行くべき道を固く守り、 しっかりと通す努力をしていく段階。

case.3

抜けられそうですね。 行き詰って苦しかったけれど、 なんとか突破できそう。 でもまだ油断は禁物です。 完全に抜け出すことができるまで、 突破口が失われないように、 しっかり見据えていてください。

case.4

行き詰まった関係を、 動かすことができるとき。 相手も、こちらに 従うつもりでいるようなので、 お互いに応じ合う良好な関係に、 移行していくことになるでしょう。 ただし、安泰な関係が いつまでも続いていくだろうと、 気を抜いてしまわないこと。 またいつ行き詰まるか分からない、 と、ぐっと気を引き締めて、 心に留めておくことが大切です。

上爻

case.1

塞がるときは終わりに近く、 道は開け始めています。 最初のうちは、まだ思うように 進めないかもしれないけれど、 次第に閉塞が解けていき、後には、 喜びがもたらされることになるでしょう。

case.2

道が通り始めていく。 停滞し膠着していた状況に 動きが生じ始めていく。 だんだんと流れ出していく、 閉塞を抜け出そうとしている過渡期。

case.3

出口はもうすぐ。 だんだんと状況が動き始めている感じ、 気づいているのではないでしょうか。 もう安心して大丈夫です。 このまま流れは活性化していく。 気持ちも明るくなっていきそうですね。

case.4

関係が行き詰っていても、 次第に、動き出していきそう。 何とかしようと焦らなくても、 自然な流れに任せていれば、 そのうちに、喜びを感じられる関係に、 移行していくはずです。 停滞している間に、 相手が、何か善からぬ考えを 隠し持っているかもしれませんが、 想い合っている気持ちは、きっと本物。