地山謙

ちざんけん

image

謙遜

case.1

謙遜が鍵となるとき。 謙遜の態度をもって進むならば、道は通り、 最終的に志を成し遂げることができるでしょう。 謙遜の心を真に持っている人は、 どのような立場にあっても尊い輝きを放ち、 どんなに自分を卑下したとしても、 その本質を侮られるようなことにはなりません。 高い志があればこそ、謙虚に。

初爻

case.1

謙遜に謙遜を重ねるような 賢明な態度で進んでいくならば、 冒険的な大きなことに挑戦しても良いとき。 良い結果を得ることになるでしょう。

case.2

本質を知っていて、本物を持っているから、 どこまでも謙虚でいられる。 謙虚になれるほど有能だから、 何をやってもうまくいく。 ここまで高めてきた能力を発揮し、 謙虚に、大きなことに挑戦し始める段階。

case.3

お互いに、似ている、と 感じる相手かもしれません。 遠慮深くて、慎み深くて。 現段階では、 求め合っているという わけではないようだけれど、 この際、思い切って、 こちらが積極的に求めてみれば、 案外、好感を持ってもらえるかも。 態度や出方は、どこまでも謙虚に。

二爻

case.1

謙遜の心が養われているならば、 本質の尊い輝きが、外に自然と伝わっていくとき。 そのようであれば、正しい道を歩んでいるし、 良い結果に通じることになるでしょう。

case.2

真の力があるから謙虚になる。 その輝きは自ずと発し、 当然のように伝わっていく。 自分の道を謙虚に歩み続けていれば、 自然と周りに反応が起きていく段階。

case.3

何も言わなくても、 こちらの人となりは、 相手に伝わっているはず。 向こうも、自分から 主張することをしなくても、 自然と皆に好感を抱かせるような 人柄なのでしょう。 実際に、相手と 手を取り合うようなことには、 そうそうならなかったとしても、 慎み深く、お互いに敬意を持って、 相手の存在を尊重していくというのが、 相応しい関係なのかもしれません。

三爻

case.1

能力や実績を認められ、 持ち上げられるようなことがあっても、 謙遜の態度を貫けるかどうかが鍵。 賢明であるならば、最終的に、 良い結果を迎えることができるでしょう。

case.2

自分の力が必要とされているから、 謙虚に、自分の務めに励む。 必ずそれを成し遂げて、 謙虚に、期待される成果を捧げる。 果たすべきことを果たし、 貢献できることに貢献していく段階。

case.3

お互いを尊重し合って、 慎み深い関係を築ける相手。 相手のために労を惜しまず、 何かをしてあげたとしても、 その功を相手に誇らないこと。 何も主張しなくても、 あなたの素晴らしさは、 十分に相手に伝わっています。 お互いを讃え合いながら、 最後まで謙虚に歩んで。

四爻

case.1

謙遜の心があれば、何事においても、 うまくいかないことはなさそう。 自分の立場を自覚して、分に過ぎないよう、 謙譲の精神を発揮していくこと。

case.2

何事もうまくいく、 だからこそ謙虚になる。 うまくいっているのは 自分だけの力によるのではないと、 よく分かって知っている。 十分過ぎるものを得られる中で、 謙虚に、気を引きしめていく段階。

case.3

お互いに、 相手も頑張っているから、 自分も頑張ろう、と思える相手。 相手を見ていると どんどん謙虚な気持ちになって、 もっと自分も努力しなくては、 という気持ちになる。 引かれ合うというのでもないけれど、 素晴らしい刺激を与えてくれる存在。

五爻

case.1

謙遜の心があるならば、他に何もなくても、 全てが味方してくれるようなとき。 問題が残っているようなら、積極的に、 解決に乗り出すと良いでしょう。 何事においても、有利に進んでいきそうです。

case.2

そのままで、付いてくるものがある。 何をしても、何もしなくても、 謙虚に自分の道を歩み続けていれば、 うまくいかないことはない。 問題があるならば進んで片付けて、 歩むべき道を固く踏みしめていく段階。

case.3

直接の接点はなかったとしても、 相手から伝わってくるものを、 お互いに感じているのかも。 こちらが必要なときには、 特に何かで誘ったりしなくても、 自然と、手を結んでくれそう。 万が一、そういうときに、 相手が来てくれなかったならば、 こちらの幻想だったということで、 ばっさり切り捨ててしまえばよし。 謙虚に、誇り高く。

上爻

case.1

謙遜の態度も本質の輝きも、 自然と伝わっていくときですが、 やや謙遜に過ぎる面もあるのかも。 自分の中の弱気な部分の克服に、 取り組んでいくとよさそう。

case.2

自分の道が広く伝わっていく。 謙虚に歩み続けてきた道、 整備が必要な部分には手を入れて、 今のうちに平らかにしていく。 謙虚に独り究め磨いてきた道が 開き放たれ始めていく過渡期。

case.3

どんなに謙遜しても、 相手は、あなたの素晴らしさを、 よく分かっているみたい。 お互いに想い合っていて、 謙虚に尽くしてくれる相手です。 解決すべき問題があるのなら、 相手の力を貸してもらえないか、 素直に相談して、お願いしてみて。