沢雷随

たくらいずい

image

従う

case.1

従うように動くことで、喜びがあるとき。 自発的に従うようにして動いていけば、 相互に従い合うような流れができて、 大いに道が通っていくことになるでしょう。 自分の行くべき道を、正しい態度で歩み続けるならば、 得るものがあり、問題は何もないでしょう。

初爻

case.1

変動の起きやすいときですが、 自分の行くべき道に沿って進むならば、 結果は良いものとなるでしょう。 自分から広く従い合う交流を求めていくと、 良い効果を期待できそう。

case.2

新しい流れに従っていく。 自分の道は曲げないけれど、 新しい可能性にも心を開いて、 自分から道を広げていこうとする。 新たな流れと交わり合いながら、 従い行くべき道を調整していく段階。

case.3

変化のときですね。 自分で感じている通り、 流れが変わり始めています。 変わっていくよう促されている。 踏み出してみましょう、新しい方へ。 自分の本当の気持ちに従って。

case.4

向こうが変わったからといって、 こちらまで変わる必要はないはず。 相手がどうあろうと、自分は自分。 相手に何でも従おうとしたり、 相手と同じようにしようとするのは、 やめた方がいいかもしれません。 他の人やものにも目を向けて、 もっと関心や視野を広げて。

二爻

case.1

何に従うべきかを、よく考えることが大事。 軽々しく目先のものに従ってしまえば、 本来、従い合っていくべきだったものを、 失ってしまうことになるでしょう。 浮気はしないこと。

case.2

小さな流れに気を引かれていると、 本流から離れていってしまう。 従っていこうと決めていた道を外れ、 遠ざかり、見えなくなってしまう。 何に心を沿わせていくべきか、 気迷いやすく見誤りやすくなる段階。

case.3

気持ちをそらさないで。 どうでもいいものに関わっていると、 どうでもよくないものを失ってしまう。 大事なものはどれでしょう。 軽い心、弱い心に、従ってしまわないで。

case.4

相手は、誠実に、 こちらを想ってくれています。 だから、軽々しく、 浮気などはしないこと。 身近な誘惑に 引っかかりそうになっているなら、 要注意、厳重注意です。 仲睦まじく、共に歩める相手を、 自分の軽率な行動のせいで、 失ってしまわないで。

三爻

case.1

力のあるものに従うようにすれば、 求めるものを得られるときですが、 同時に、他に従い合ってきたものを、 失うことになるかもしれません。 自分の行くべき道から外れることがなければ、 利益につなげることができるでしょう。

case.2

強い流れに従って、 求めるものを得ていく。 手放した小さな流れも、 つかもうとしている勢いある流れも、 どこかで自分の道に通じていく。 貪欲に、欲しいものを 自分の流れに取り込んでいく段階。

case.3

正直な気持ちに従えばよいのでは。 自分が求めているものが得られる方、 自分の利益につながる方を選べばいい。 たとえ何かが犠牲になっても、 それが本当に欲しいものなのだから。

case.4

向こうは、 どうにか関係をつなぎたい、 という気持ちはあるようだけれど、 他に良い候補がいるのなら、 切り捨てるのもあり。 とはいえ、 新しい相手の好条件につられて、 ほいほい従っていくようでは、 印象が悪いはず。 自分にとって、 それが行くべき道なのだと、 きちんと示せるような態度を。

四爻

case.1

従うことで、望むものを得られるとき。 その勢いが強いあまりに、 どんなに行くべき道を正しく歩んでいても、 結果が悪くなってしまう恐れもあるときですが、 誠心をもって、道を外れずに、 公明に賢明に進んでいくのであれば、 何も問題となるようなことはないでしょう。

case.2

流れに従って、 求めるものを手に入れていく。 逆らう流れがあっても、 確信を持って行くべき道を行くならば、 何も問題とはなり得ない。 自分の道に従い沿う流れが 生じていく段階。

case.3

正々堂々としていましょう。 周囲にどんな目で見られようと、 自分の気持ちに誠実に従っているだけで、 悪いことをしているわけではないのだから。 何も気にする必要はありません。

case.4

相手には、こちらに 応じる気はなさそうなので、 こちらが相手に従うしかないかも。 うさんくさいと 思われるかもしれないから、 こちらにあるのは誠意だけ、 ということを、しっかり示すこと。 相手と一緒に歩んでいくことを、 本心から望んでいるのだと、 わかってもらうことが大切です。

五爻

case.1

善いものと、誠心をもって、 従い合っていくことのできるとき。 良い結果に通じていくことになるでしょう。

case.2

善い流れに、真に従う。 行くべき最善の道へと押し流され、 真心で応えて従い進む。 自分の道に沿い従う流れが 自分の本流として確立され、 大いに道が通っていく段階。

case.3

自分の気持ちに忠実に従って、 自分自身を裏切ることがないように、 自分との約束を果たしてきたのですね。 だから、この結果がある。 素晴らしい最善の結果ですね。 それは確かにあなたのものです。

case.4

善い関係となれる相手。 真剣に相手を想っていること、 一緒に歩もうとしている誠意を、 しっかりと伝えることが大切です。 相手も応えてくれるはずだけれど、 しっかりつかまえておかないと、 どこかでよそ見をしているかも。 お互いを見つめ合いながら 歩んでいくような関係を築いて。

上爻

case.1

つながれて縛りつけられているように、 固く結ばれて離れられないような状態が、 従い合うことの究極の形。 そのようであれば、誠意が通じるでしょう。

case.2

自分が沿い従い行くべき道からは、 もう外れることはできない。 もう離れられず、行くしかない、 身も心も深く捧げて、ただ一途に。 自分の行くべき道に専念する覚悟を決め、 大きな目的へと向かい始める過渡期。

case.3

もう従うしかないですね。 気持ちはもう決してここから離れないし、 離れようとすることはないと誓って、 本心を固く貫く覚悟を決める。 それが自分に誠実であるということ。 そのぐらいの忠誠心がなければ、 信念は果たせない。

case.4

相手は離れつつあるかも。 一緒に歩んでいきたいならば、 どんなことがあっても 離れることができないぐらいに、 お互いの想いを結び合い、 心をつなぎとめることが大事。 お互いの姿を、 しっかり見つめ合うことが できているのかどうか、 ばらばらになる前に、 見直してみてください。