風地観

ふうちかん

image

見る

case.1

見られているときであり、よく見るべきとき。 厳粛に、神妙に、自分の務めを果たしていれば、 その様子に示される誠心が伝わっていき、 心服を得ることになるでしょう。 見せることによって何かを通じさせたり、 見ることによって何かに感化されたり、 ということがあるとき。

初爻

case.1

見る力が弱く、卑近になりやすいとき。 日常的には、それで問題がないとしても、 大事なことに取り組もうとしているならば、 そのようなものの見方をしていては、 恥をかくことになるでしょう。 深遠に視野を広げて。

case.2

視野が狭い。 自分の視点から抜け出せず、 物事を多角的に見ることができない。 自分の観点の幼さに気づき、 視野を広げ成熟させる必要を知る段階。

case.3

どこを見ていますか。近く?遠く? あんまり近いものばかりを見ていると、 遠いものにピントが合わなくなる。 目の前のことに気をとられて、 目指している未来がぼやけていませんか。

case.4

相手と自分とでは、 見ているものが、違うのかも。 たぶん、こちらの方が、 幼稚な視点に立っている。 向こうは、もっと大きな視点で、 物事をとらえ、考えている。 そのことに気づかなかければ、 この関係に存在する距離は、 きっと、縮まらない。

二爻

case.1

門の隙間から外をのぞき見るようなとき。 門の中のことに専念すべき立場にあるのなら、 そのように外はのぞき見るにとどめて、 自分の務めに集中していけばよいでしょう。 視野を広げるべき立場にあるのなら、 門を出て、外を堂々と見るべきかも。

case.2

もっと見たい、知りたい。 未知の世界への興味関心が生じ、 見識を広げ深める意欲が目覚める。 一歩を踏み出すことはまだ出来なくても、 新たな意識を得ることに通じる扉を、 少しずつ開こうとしている段階。

case.3

様子を見ましょう。 現状で自分がやるべきことを、 しっかりやらなくてはなりません。 それでも、気持ちは外を向く。 可能な範囲で知識や情報を収集して、 展望を広げていきましょう。

case.4

自分にできる範囲で、 向こうの様子を伺って、 見て知ろうとすることが大事。 相手も、見られていることを よく分かっていて、 背筋を伸ばしているはず。 相手から学べることも きっとたくさんあるだろうし、 そういう形で向き合うことで、 影響を与え合う関係。

三爻

case.1

自分で自分のことをよく見て、 進退を決めるべきとき。 他の人がどうかではなく、 自分がどうかを見て。

case.2

進むか進まないかは、自分で決める。 その先の世界を見ることが 自分にとって必要なのかどうか、 これまでの自分をよく見て考える。 道はまだ、開いてもいないし閉じてもいない、 自分がこの先に何を見たいのかを見極める段階。

case.3

どう思いますか。 うまくいきそうですか? 今の自分なら出来る気がする? 自分が見ている自分を信じましょう。 自分の思うようにすればいいのです。

case.4

どうするかは、 相手のことは置いておいて、 自分のことをよく見て、 決めるべき。 相手を気にしているばかりでは、 答えは出ないかもしれません。 自分で自分の答えを出せば、 向こうもきっと、それに応じて、 受け入れてくれるはずです。

四爻

case.1

素晴らしいものを見たならば、 それに自分が貢献していくことを、 考えてみるとよさそう。 厚遇されて、うまくいくことになるでしょう。

case.2

見るべきものを見て、感銘を受ける。 それを見ることのできる力があるから、 その輝きに気づくことができる。 自分に見えていることを大切に、 自己の視点を拡大させ活用していく段階。

case.3

どう見えましたか。 どんな風に目に映ったでしょう。 美しく素敵だったのなら、 信じて尽くしてみればいい。 それを見抜くことができるのも、 素晴らしい能力です。

case.4

同じものを観て、 相手も同じように感じるとは、 限らない。 自分が素晴らしいと 思うことがあるのなら、 それを相手がどう思おうと、 自分の感覚を大事にすべき。 相手に理解してもらおうと 努力するよりも、 自分の感動を追うことの方が、 大切なときなのかも。

五爻

case.1

見られているときであり、 自分で自分自身の姿をよく見て、 行くべき道を正しく歩んでいるか、 常に省みることが大切です。 自分の立場に恥ずかしくない 自分であるようならば、 問題はないでしょう。

case.2

自分自身をよく見る。 客観的に自分はどう見えるか、 自分の言動が何を意味するか、 自分の意識はどんな有り様か。 自分自身の姿を眺め振り返ることで、 洞察を深め認識を新たにしていく段階。

case.3

必要なのは、 常に自分を見ている意識。 自分が何を考えていて、 どのような反応をしていて、 どのような態度をとっているのか。 気づいて、見直して、気づくこと。

case.4

相手から見られている という自覚を持って、 恥ずかしくない姿で いることが大事。 顔を合わせることは あまりなかったとしても、 向こうは必ずこちらを見ていて、 応じようとしてくれています。 相手に映っているであろう 自分自身の姿を見直すことで、 こちらも応えていきましょう。

上爻

case.1

どこかで必ず見られているので、 常に自分の行いに気を抜かないこと。 模範となるような立派な態度で 慎んで過ごしているならば、 問題はないでしょう。

case.2

常に見ている。 そこにどのような意味があるのか、 何が潜み流れているのか、 どのような意志が働いているのか。 自分自身を見ることで状勢を予見し、 身を慎み意識を調整していく過渡期。

case.3

大事なのは、 見られているという意識。 生き方、振る舞いを、見せている。 見られること、見せることによって、 伝わっていくものがあるという意識。

case.4

相手は相手、自分は自分で、 お互いが、それぞれ、 自分自身の姿を見ることが、 必要なときなのかも。 相手からだけでなく、 他から見てどうか、 自分自身で見てどうかと、 よく省みて、見直してください。 そうすることが、 お互いを見つめ合うことにも、 きっと、通じていくはずだから。