山地剝

さんちはく

image

剥落

case.1

剥ぎ取られ、剥がれ落ちていくとき。 積極的に進んでも、うまくいくことはないでしょう。 自分に不利な時運にあることを自覚して、 じっと動かずにいることが賢明です。 何が浸食され、失われようとしているのか、 じたばたせずに、見守っていましょう。

初爻

case.1

剥落の始めの段階にあるとき。 まだ被害は小さいようですが、 どんなに行くべき道を歩み続けようとしても、 それを迫害しようとする流れがあるので、 結果は良いものとはならないでしょう。

case.2

揺さぶられる。 信じてきたことの基盤が崩され、 支えとしてきた土台が剥ぎ取られる。 これまでの姿勢を保つことが難しくなり、 混乱が巻き起こされ始めていく不安定な段階。

case.3

このまま相手と関わっていたら、 共倒れとなってしまいそう。 相手はもう、 自分のことで精一杯な 大変な状況にあって、 こちらに配慮するどころでは もちろんないだろうし、 こちらも、相手を気にしている 場合ではないような状況が、 迫りつつあるはずです。 まずは、自分のことを、 立て直さなくては。

二爻

case.1

剥落の危険が、身に近づきつつあるとき。 どんなに行くべき道を歩み続けようとしても、 それを害しようとする流れが迫っているので、 結果は悪いものとなってしまうでしょう。

case.2

身を委ねていたものが、剥ぎ取られていく。 これまで通りにはもう居られない、 容赦なく、迫りくる混乱の渦に巻き込まれていく。 投げ出された動揺の中で、 なんとか対応しようともがいていく段階。

case.3

大変な状況にあるのなら、 独りで頑張ろうとするよりも、 相手の側についてしまった方が、 うまく運ばれるかもしれません。 相手についていけば、 統制のとれた環境の中で、 それなりの自分の立ち位置を、 確保することができるでしょう。 でも、もちろん、 そんなのは嫌だとはねつけて、 なんとか自分の力で、 混乱が治まるまで踏ん張る、 というのも、ありです。

三爻

case.1

良くない流れの中から、自分自身を剥ぎ取り、 自分の行くべき道を行くことができるとき。 そのように身を処すれば、問題ないでしょう。

case.2

混乱から、身を離す。 何が起きて来ているのか、 何を促されているのか、 客観的に見て、洞察を得る。 大きな揺さぶりに心が波立っても、 巻き込まれずに冷静に対応していける段階。

case.3

相手を攻撃するのを、 やめることができるかどうか。 今なら、きっと、できる。 これまでの不愉快な流れから、 自分の身をぐいっと剥ぎ取って、 態度を改めていくのなら、 相手も、受け容れてくれるはず。 引かれ合う気持ちは お互いにあるのだから、 これまでの関係を崩して、 良好な関係に転じさせることも、 きっと、できる。

四爻

case.1

剥落の危険が、身に迫っているとき。 切迫した状況にあり、 悪い結果となってしまうかもしれません。 時運が好転するまで、耐えて。

case.2

危うい。 混沌とした状況に対応しきれずに、 どんどん渦に巻き込まれて、 全てが崩落してしまいそう。 動揺や混乱に無為に身を投じずに、 底にある流れの真意をつかんでいくべき段階。

case.3

こちらの混乱した状況に、 相手を巻き込んでしまって よいのでしょうか。 相手は、ずるずると、 こちらに引きずり込まれつつ あるようだけれども、 お互いに、どうしても 相手が必要、というわけでは、 ないのではないでしょうか。 今は、相手のことをどうこう 考えている場合では、ないはず。 自分自身の切迫した状況を、 なんとかすることに、 集中してください。

五爻

case.1

流れが変わるとき。 身を害そうと迫り来ていた剥落の流れが好転し、 柔順に付き従うように向かってくる流れが、 生じることになりそうです。 何事もうまくいくようになるでしょう。

case.2

流れに身を委ねる。 動揺も混乱も収まっていく、 剥がれるべきものが剥がれて、 新たな秩序が生まれようとしている。 緊張を強いられた激しい渦が去り、 落ち着きや平穏が取り戻されていく段階。

case.3

共通の目的があるのなら、 こちらが先導し統制する形で、 手を組むというのも、あり。 向こうは、揺らぎやすい 状況にあるようなので、 こちらが手を差し伸べれば、 救われたように感じるかも。 もちろん、そんな形は嫌だと、 拒まれる可能性もあるけれど。

上爻

case.1

剥がれ落ちずに、最後に、 残っているもののあるとき。 それが、素晴らしいものであるならば、 復興の要となるだろうし、 取るに足らないものであるならば、 結局は、それも剥ぎ取られてしまうでしょう。

case.2

激動のときを過ぎて、 剥ぎ落されずに残ったもの、 それが大事なものかもしれない。 その守られたもの、 その貴重さ、尊さに気づくために、 全ては剥ぎ取られていったのかもしれない。 再生の礎を手に取り歩み直していく過渡期。

case.3

追い詰められたような状態に あるのかもしれませんが、 きっと、相手は、もうすぐ、 態度を変えてくれるはず。 もともと気持ちは 通じ合っていた相手だし、 険悪な流れにのまれそうに なっていたとしても、きっと、 我に返ってくれる。 こちらまで相手に乗じて、 喧嘩をふっかけるようでは、 おしまいとなるでしょうが。