地雷復

ちらいふく

image

冬至

case.1

往ったものが帰り、来たものが往く、来復のとき。 折り返し地点にあるときであり、 物事が反復し、復帰していくときです。 往来には何の障害もなく、 道は、通じていくことになるでしょう。 同じ道を行こうとするものが、 問題なく集まり来ることができるときであり、 失われていったものも、周期をめぐれば、 戻ってくることになるかもしれません。 積極的に進んでよいでしょう。

初爻

case.1

間違った道を行ってしまっても、 遠くまで行かないうちに、 行くべき道に引き返すことのできるとき。 過失をすぐに改めるようにすれば、 後悔に至るようなこともなく、 素晴らしい結果に通じていくでしょう。

case.2

もうすぐ戻る。 去って往ったものが戻って来る、 過ちに気づいて元に戻していく、 周期がめぐり、回復し、復活する。 悔いに至る前に、引き返し折り返し、 めでたく再生に向かい始める段階。

case.3

もしかしたら、その関係は、 おかしな方向に進みかけている のかもしれないけれど、 きっとすぐに、過ちに気づいて、 修正していくことになる。 相手が離れていっているように 感じていたとしても、 きっと相手も、途中で気づいて、 引き返して来てくれる。 きっと、そのうちに、元に戻る。 修復力の強い関係です。

二爻

case.1

どんな状況でも、 行くべき道に戻ることを、 いつでも意識しながら進むような、 美しい姿勢でいるならば、 良い結果を得られるでしょう。

case.2

戻るべきように戻る。 それが行くべき道だから、 何度でも同じ道を反復して、 通るべきときに通るべき道を通る。 美しく最善で完全な形で、 然るべきものが然るべきように 戻ってゆく段階。

case.3

相手も、こちらも、 自分が帰るべきところ、 戻るべきところを、 よく分かっているようです。 一緒の道であっても、 別々の道であっても。 お互いに、 相手がどの道を行こうとも、 自分の行くべき道は、 分かっている。 凛として、 各々にとっての最善の道を、 歩むことになるでしょう。

三爻

case.1

過ちを犯しては改める、 ということを繰り返しやすいとき。 危うさはありますが、 その都度、正しく立ち返るのであれば、 問題とはならないでしょう。

case.2

何度も戻る。 他の道を行こうとしても、 やっぱり元に戻る、 でもまた違う方に行ってみて、 やっぱり元に戻る。 どうしても戻ってしまう、 迷いながら自分の道を確認していく段階。

case.3

お互いに、 道に迷っているみたい。 自分から離れたり戻ったりを 何度も繰り返しているようでは、 相手は、どうすればよいのか、 分からなくなってしまう。 たぶん、もう、向こうは、 元に戻りたいという気持ちも、 見失ってしまっている。 そろそろ、しっかりと、 こちらの態度を決めなくては ならないかもしれません。

四爻

case.1

周囲の流れに反してでも、 自分の行くべき道に、 引き返すことのできるとき。 自分は自分として、自分の道に戻って。

case.2

自分だけ途中で引き返す。 行くべき道ではないと思い知り、 独りだけ逆らってでも引き返す。 異なる方向に進んでいたことに気づき、 自分の歩むべき道へと戻っていく段階。

case.3

少し、相手との距離が、 できてしまっていたとしても、 そのまま別々の道を行くことは、 きっと、ない。 しばらく独りで歩んでみても、 やっぱり、帰るべきは相手のところ、 と気づくことになる。 向こうも、きっと、そうだから。 間違った道に入ってしまったと 気づいて、戻って来る。 そこから、やり直せる。

五爻

case.1

どんなことがあっても、 常に自分の行くべき道に返るということを、 心に深く刻んで歩んでいくこと。 そうすれば、悔いなし。

case.2

戻ってくる。 原点であり、折り返し地点、 一周して、往き帰り、めぐりめぐって、 確実に戻ってくる。 ゴールでありスタートであり中継点、 必ず通るべきところへ戻りきて、 再び行くべき道へと歩み出していく段階。

case.3

一緒の道を歩むべきではない、 と分かったなら、元の、 自分の道に引き返せばいい。 自分を誤魔化すことなど 決して出来ないのだし、 相手も、お互いにとって、 最善であることを、 願っているはずだから。 別々でも、別々の方が、 善い関係を築ける 相手なのかもしれません。

上爻

case.1

迷いやすいときですが、 行くべき道に正しく戻らなければ、 最悪の結果となってしまいそう。 災いが降りかかってくるかもしれないし、 自分で難を招いてしまうことになる恐れも。 ここで新たな行動を起こすようなことをすれば、 最後には大敗し、重要なものにまでダメージが及んで、 非常に長期に問題を抱えることになるかもしれません。 引き返せるうちに、引き返すべきでしょう。

case.2

戻るべき道を見失う。 変動が起きて道が分からない、 強引に進むことも叶わず、 荒廃し、そのまま元には戻れない。 反復を阻む予想外の流れが到来し、 新たな周期に踏み入り始める過渡期。

case.3

もう無理だと分かっているのに、 引き返す道まで見失っているのでは。 これ以上、進めようとしたところで、 関係は滅茶苦茶になっていくだけだし、 つらく苦しい想いをする時間が、 長引いてしまうだけかもしれません。 相手の言動に振り回されないで。