天雷无妄

てんらいむぼう

image

天の道理

case.1

物事が自然の道理で動くとき。 道は、大いに通っていくことになり、 邪心なく、行くべき道を歩み続けていけば、 望外の利を得ることもあるでしょう。 ただし、歩もうとする道が不正なものならば、 災いを招くことになり、進んでも、 何も得られるものはありません。 道理に外れたところに、道はなし。

初爻

case.1

自然に、真実のままに、 偽りのない道を行くことができるとき。 進んでいけば、良い結果を得られるでしょう。

case.2

無心に歩む。 余計なことを考えなくても、 余計なことを思わなければ、 道は自ずと通っていく。 なるようになると純真に信じ、 行くべき道を着実に歩み進める段階。

case.3

相手は、今は、誰かと 特別な関係を築きたいとは、 思っていないみたい。 なので、期待できる、 というわけではないけれど、 こちらが、嘘偽りのない気持ちを、 素直にぶつけていくならば、 悪いようにはならない、かも。 自然の成り行きにまかせて。

二爻

case.1

望む結果を求めて作為するのではなく、 自然の成り行きに任せるようにするならば、 進んでいって、得るものがあるでしょう。 予期せぬ何かが舞い込んでくるかも。

case.2

思いもよらない展開。 期待も願いもしなかったことが、 想像を超えるような形で、 自然と起きてくるかもしれない。 意図や努力の有無に関わらず、 うれしい流れが生じていきそうな段階。

case.3

想い合っている仲なので、 今後の関係については、 考える必要はないのかも。 相手も、自然の流れにまかせる つもりでいるみたいだし、 特に何か努力などしなくても、 きっと、うまくいく。 もしかしたら、予想以上に。

三爻

case.1

不慮の災いが降りかかってくる恐れのあるとき。 全く関係がなく、身に覚えのないようなことに、 唐突に巻き込まれるようなことになるかも。 偽りのない態度を貫くしかなさそう。

case.2

予想外の事態。 どうしてそうなるのか、 身に覚えがなくても理不尽でも、 そうなるものはそうなる。 逆境の渦の急襲にのみ込まれ、 波が引くまで無心で乗り切っていく段階。

case.3

お互いに、偽りなく、 想い合っているようですが、 不運に巻き込まれてしまうかも。 どちらが悪いわけでもなく、 全く不意打ちのような出来事に、 揺さぶられるかもしれません。 妙な疑いなど持たずに、 お互いの気持ちを信じて、 乗り切っていくこと。

四爻

case.1

自分の行くべき道を固く守って、 偽りのない態度を貫いていくこと。 そうしていれば、問題なし。

case.2

行くべき道をひたすら歩む。 何が起きてこようとも、 幸運を味方にして、苦境にもめげずに、 自分の行くべき道を歩み続ける。 自然の流れを自然に受け止めながら、 何事にも動じることなく進んでいく段階。

case.3

お互いに、邪心なく、嘘偽りなく、 なるようになる、という 確信を持っている。 だから、たとえ今は、 手を取り合うことはなくても、 そのまま、正々堂々とした態度を、 保ち続けていけばいい。 きっと、なるようになっていく。 だから、今は、そのままで。

五爻

case.1

予期せぬ問題が生じるかもしれませんが、 特にそれを何とかしようとしなくても、 自然の流れで解決することになるでしょう。 全てはなるようになっているのだと、 泰然と受け容れて。

case.2

何があっても大丈夫。 問題が起きるのも自然の流れ、 問題が解決するのも自然の流れ、 全ては必然、必要なことが起きている。 流れに無理に逆らおうとすることなく、 自然な姿勢で成り行きを見守っていく段階。

case.3

素直な心で、 想い合っている仲なので、 たとえ今は、多少、 ぎくしゃくしていたとしても、 自然と、快方へ向かうはず。 うまくいくときもあれば、 うまくいかないときもある。 何が悪いわけでもなくて、 それが、自然なことだから。

上爻

case.1

これ以上は進めないときなので、 自然の流れに逆らわないこと。 無理に進もうとすれば、 災いがあり、何の利益にもなりません。 流れが変わるまでは、辛抱を。

case.2

流れが淀む。 無心で進もうとしても、 道がどうにも通じていかない、 どれが自然な道なのか分からない。 流れが止まるのも必然のリズム、 次の展開への力を蓄えていく過渡期。

case.3

行き詰まってしまうのも、 自然の流れの一環であり、 仕方がないこと。 偽りのない気持ちで、 想い合っている関係でも、 うまくいくときばかりでは ないのだということを、 受け容れるしかないのかも。 きっとそのうち、また、 流れは変わるはずだから。