坎為水

かんいすい

image

穴に落ちる

case.1

困難が重なるとき。 いくつもの障害を乗り越えなくては 進めないようなときですが、 真心や誠実さを貫いていけば、 その想いは通じることになるでしょう。 水の流れは、穴があればそこに落ち、 穴を満たせば溢れ出て、また流れていく。 そのような真っ直ぐな姿勢で、 何があっても屈せずに進んでいくならば、 この険難のときを乗り切って、 賞賛を得るような結果に、 つなげていくことができるでしょう。

初爻

case.1

穴の中の穴に落ち込むような、 苦難の色の濃いとき。 良い結果はとても期待できないので、 今は、ここがどん底とあきらめて、 這い上がれるようになるときを待つこと。

case.2

穴に落ちてしまう。 最も深いところに転げ落ちて、 抜け出す道を見出せない、 苦難の幕開け。 必ず這い上がってみせると心に決めて、 困難に真っ直ぐに立ち向かい始める段階。

case.3

今は、何もできない。 相手に近づくこともできないし、 こちらの想いに気づいてもらうことも、 きっと、難しい。 困難をいくつも乗り越えなければ、 進んでいけない関係だけれども、 想いを貫きたいのならば、 屈せずに、真っ直ぐに、耐えて。

二爻

case.1

苦難の中にあり、まだまだ 抜け出すことは難しいときですが、 多少は、良い手応えもありそう。 何かできることがありそうならば、 少し積極的に動いてみても よいかもしれません。 期待はしすぎずに。

case.2

苦難に陥っていく。 何ができるわけでもないけれど、 何もしないよりは、何かした方がいい。 少しでも自分にできることを考えて、 少しずつでも前に進んでいけるように、 困難の中で懸命にもがき試行錯誤する段階。

case.3

難しい関係なので、 思うように進めていけるとは、 決して期待すべきではありません。 相手には、すぐに応じる気はない、 と思っているべき。 それでも、ただじっとしているよりは、 何かを求めて行動して見た方が、 多少の手応えを得られるかもしれません。

三爻

case.1

どちらを向いても穴ばかりで、 さらに最も深い穴にはまっているような、 どうしようもなく身動きのとれないとき。 何とかしようとするのも危険なので、 今は、じっと耐えるしかありません。 決して行動には出ないこと。

case.2

どうにもできない。 困難に四方を囲まれて、 逃げ出せない、抜け出せない、 ひたすら暗く深く落ち込んでいく。 どん底を見なければ光は射さない、 絶望と悲嘆の苦しみ中から、 浮上のきっかけを探りつかんでいく段階。

case.3

進むことも、戻ることも、 抜け出ることもできず、 深く、泥沼に、はまっていく。 どうにもできない。 どうしようもない。 動けないときもある。 いつかは、変化していく。 必ず、この苦しい関係を、 乗り越えていくことができる、 自分の強さを信じて。

四爻

case.1

形式よりも実質を重視して、 真心を通じさせることを大切に。 通常の方法にこだわらずに、 柔軟な発想で、困難に対処しながら、 誠意を尽くすこと。 そのようにすれば、 難儀することがあっても、 最終的には問題なく済むでしょう。

case.2

なんとかしていく。 十分なことは出来なくても、 ちゃんとしたものは無くても、 できるだけのことを一心にしていく。 困難の中でも決してあきらめず、 苦心して希望の光を灯しつないでいく段階。

case.3

相手と正面から向き合うことは、 難しいかもしれません。 せめて気持ちを伝えたいと思うならば、 脇や裏から、そっと差し出すように。 近づくには障害が多いでしょうが、 決して何もできないということはなく、 突破口は、必ず見つかるはずです。

五爻

case.1

苦難を克服できる兆しのあるとき。 今はまだ抜け出すことはできなくても、 そのときを迎えることを待っていれば、 問題なし。

case.2

もう少しで抜け出せる。 ここまで来れば大丈夫、 あとは平らな道を抜けるだけ、 険しく苦しかった道はもうすぐ終わり。 だんだんと見通しが明るくなっていく、 苦難のときを乗り越えようとしている段階。

case.3

困難に阻まれることの多い関係 だったのかもしれませんが、 障害を乗り越えるときは近く、 そろそろ、平穏な関係へと、 移行していくことができそう。 とはいえ、まだ、気は抜けない。 お互いが、その実感を 得られるようになるまでは、 もうしばらく、時間が必要です。

上爻

case.1

非常な苦難に囚われやすく、 穴から三年も抜け出せなくなるような、 最悪の結果に陥ってしまう恐れのあるとき。 行くべき道や真心に反するようなことは、 絶対にしないよう、厳戒態勢で。

case.2

通っていくしかない。 逃げても困難、避けても困難、 ぐるぐると苦しく縛り付けられ、 向き合うことを強制される。 自分の道を行き乗り越えていくしかない、 じっくり気長に腰を落ち着けて 課題に取り組んでいく覚悟を決める過渡期。

case.3

苦しみに縛りつけ、関係に囚われる。 この穴にはまったら、長く永く、 苦しみから逃れられなくなる。 もう、穴に、落ちてしまったでしょうか。 その苦難を引き受けてでも、 この険しい棘の道である関係を、 切望するときもあるのかもしれないけれど。