雷風恒

らいふうこう

image

恒常

case.1

常を守り、持続させていくことが、鍵となるとき。 いつも通り、これまで通りにしていれば、 道は通っていくことになるだろうし、 何も問題はないでしょう。 行くべき道を正しく守っていれば、 得るものがあるときです。 恒常性を、常に意識するならば、 積極的に進んで、うまくいくでしょう。

初爻

case.1

常を求めること自体は、道に沿うものであっても、 あまりにそれを求め、押し付けるようでは、 結果は悪いものとなってしまうでしょう。 状況を見ずに、恒常性に固執していても、 何も得られるものはありません。

case.2

持続させていく。 最初の形を固持するのではなく、 何をどのように続けていくのが最善か、 探りながら持続させようとする。 これから守り維持していくべき軸を 定め確立させようと模索していく段階。

case.3

普通であること、 これまで通りであることが、 そんなに大事ですか。 こうでなくてはならない、 こうあるべきだ、という考えに、 ガチガチに囚われていませんか。 枠にはめようと追い詰めないで。

case.4

応じ合う仲だからといって、 いつもいつも自分を見てほしいと、 常にこちらに応じてくれるべきだと、 相手にしつこく求め続けるのは、 どうなのでしょうか。 あまりにも、いつもいつもいつも、 変わらぬ態度で接してほしい、 などと要求し続けていては、 相手の嫌気を誘うかも。

二爻

case.1

常ではない部分があったとしても、 守るべきものを守り続けることができるとき。 後悔するようなことがあっても、 悔いが残ることにはならないでしょう。

case.2

これまで通りにしていく。 多少はふらつくことがあっても、 軸は定まっていて保持されている。 変わらない確かなものを守りながら、 いつもと同じ道を歩み続けていく段階。

case.3

そのままで大丈夫です。 何を大事にしていけばよいのか、 自分で分かっていますよね。 いつも全て順調というわけでは ないかもしれないけれど、 それさえ分かっていれば大丈夫。

case.4

関係が続いていけば、 変わっていくこともあれば、 変わらないこともある。 何かが変わっていっても、 関係が続いているということは、 きっと変わらない。 変わらない関係が確かにあること、 関係の中にある変わらない確かなこと、 それをずっと大切にしていけば、 後悔することはない。

三爻

case.1

行くべき道に沿い続けていても、 よそ見をしたり、ふらふら歩き回ったり、 行動に恒常性がないのは、恥ずべきこと。 恥をかく恐れのあるときなので、 しっかりとした態度を持続させて。

case.2

態度に恒常性がない。 軸は変わらず保持されているはずなのに、 不安定に揺らぎ、一貫した姿勢を保てない。 自分の道を守り貫く決心を固めて、 腰を落ち着けて歩みを安定させていく段階。

case.3

しっかりしましょう。 どうすべきか分かっているはずなのに、 何故そう揺らいでしまうのでしょう。 ちゃんとしましょう。 こうすればよいと分かっていることに、 腰を据えて向き合いましょう。

case.4

関係を続けたいのであれば、 態度をふらふらと変えないこと。 相手や関係に求めるものを、 自分の中でしっかりと見定めて、 恒常性のある関係を、 築いていくことが大切です。 永く付き合っていきたい 相手だと思うならば、 もう迷わないで。

四爻

case.1

現状を持続させたところで、 何も得ることはできなさそうなとき。 何でも固守すればよいわけではないので、 そこに居座るべきなのかどうか、見直しを。

case.2

これまで通りでは意味がない。 持続させていくためには、 きちんと成果が得られるように、 必要な点は変えていくべきかもしれない。 冷静に状況を判断し、柔軟に対応しながら、 守るべき道を守り歩み続けていく段階。

case.3

このままでよいのでしょうか。 現状維持で満足できそう? 欲しいものが得られなくても? やめる必要はないけれど、 何か変えられることを変えるとか、 少し工夫してみてはどうでしょう。

case.4

付き合いが長かったり、 一緒にいると落ち着くような 相手なのかもしれませんが、 このまま、同じように、 この関係を維持していっても、 得られるものは、何もなさそう。 ずっとそこにある関係、 ただ続いているだけの関係。 悪いわけではないけれども、 だからどうというわけでもなく。

五爻

case.1

守るべきことを守り、 従うべきことに従って、 恒常性を維持できるとき。 守り従うということが、 自分の道に沿うものならば、 良い結果に通じることになるでしょう。 ただし、自分の道が他にありながら、 行くべき道を行くという決断をせずに、 守り従うことを続けているならば、 結果は悪いものとなるかもしれません。

case.2

変わらぬ姿勢で歩んでいく。 最善の軸を保持し、 維持すべきものを維持して、 決断すべきときは決断していく。 芯が定まっているからぶれない、 落ち着いて着実に歩みを進めていく段階。

case.3

安定感がありますね。 大事なものを見失うことなく、 変わらない態度を貫いている。 決して、ぶれない。 常につかんでいるべきものを、 つかむことができています。

case.4

良好な関係を、 持続させることができそう。 相手こそが、 自分の付いていくべき相手、 という確信があるならば、 これまで通りの態度を、 維持するようにすること。 もしも、自分の相手は、 この相手ではないのかもしれない、 などと思っているのなら、 現状を続けるべきではありません。

上爻

case.1

常に不安定に、揺れ動いてしまいやすいとき。 何を守り続けるべきかを見失っていては、 結果は悪いものとなってしまうでしょう。 自分の芯を、探して。

case.2

同じようには続けていけない。 保持してきた軸の中に、 多様な可能性が渦巻いている。 維持し守るために何かを変えていく、 動揺の中で新たな方針を探り始める過渡期。

case.3

落ち着きませんね。 何が大事なことだったのか、 分からなくなってしまった。 前と同じでなくてもいいから、 また見つけ直していきましょう。 新しく取り替えてもいいから、 芯を定めていきましょう。

case.4

関係を続けることはできても、 常に、これでいいのかと気迷い、 不安定になってしまいそう。 続けるなら続けるで、 しっかり意志と覚悟を決めて、 気持ちがふらつかないように、 自分によく言い聞かせるべき。 お互いに迷いながら維持する関係に、 続けていく意味はあるのかどうか、 自分で答えを出すしかありません。