雷天大壮

らいてんたいそう

image

縦横無尽

case.1

大きく強く、勢い盛んに動けるとき。 力はまだまだ増していきそうだし、 何でも思い通りにできそうな勢いですが、 自分の行くべき道を固く守ってこそ、 得られるものがあるでしょう。 調子に乗って、力任せ勢い任せに、 好き放題にやり過ぎてしまわないこと。 勇壮に進むにしても、道から外れずに、 正しく歩み続けることが大切です。

初爻

case.1

意気盛んに、状況も見ずに、 動こうとしてしまいやすいとき。 勢いに任せて進んでしまえば、 待っているのは、破滅の道かも。 はやる気持ちを抑えて、冷静に。

case.2

疾走していく。 そのスピードで十分過ぎる、 それ以上にパワーを上げたら 弾け飛んでしまいそうな全速力。 勢いだけで滅茶苦茶に駆けていく、 方向を定めるための調整が不可欠の段階。

case.3

自分の気持ちだけで、 突っ走ってしまわないこと。 勢いでぶつかれば何とかなる、 などとは思わないこと。 行動に移す前に、 相手の状況や気持ちを考えること。 深呼吸して、落ち着いて、 相手の迷惑にならないように。

二爻

case.1

行くべき道を、適切な態度で、 進んでいくことができるならば、 良い結果に通じることになりそう。 勢いをよく制御して。

case.2

勢い盛んに駆け抜けていく。 力が漲っていて何でもできそう、 何処まででも何処へでも行けそう、 でも行くべき道は外れない。 自分をしっかり制御しながら、 確実に精力的に前へ進んでいく段階。

case.3

勢い強く、盛んな関係。 何も怖いものはなく、 相手と手を取り合って、 がんがん前へ進んでいけそう。 勢い余って、 道を踏み外すことがないよう、 それだけは注意を。

三爻

case.1

非常に勢いが盛んで、 度を超してしまいやすいとき。 この猛々しい勢いに乗ってしまうと、 どんなに行くべき道を行こうとしても、 暴走を止められなくなる危険があり、 失敗しても退くに退けないような状況に、 陥る恐れがあります。 自分で慎んで、突進しない方が、賢明。

case.2

勢いが増していく。 制御が難しく暴走しそうになる、 安易に走り出せば転がって、 何かに激突するまで止まれない。 自分から苦境に突っ込んでいく前に、 過熱する状況から身を離す必要のある段階。

case.3

勢いが強過ぎて、 抑えがきかなくなりやすい関係。 向こうもこちらも、興奮しやすく、 お互いに、度を超して、 のめりこんでしまう。 そのうち何かに激突して、 どうしようもない状況にいる自分に 気づくことになる前に、 少し頭を冷やして、冷静に考えて。

四爻

case.1

勢いに、うまく乗っていけるとき。 行くべき道を貫いて行くならば、 良い結果に通じることになるだろうし、 後悔することもなく済むでしょう。 前方にあった障害も解消していき、 自分の力も益々漲ってくるようなとき。 まだまだ盛んに、この先も、 進み続けることができるでしょう。

case.2

勢いよく走り抜けていく。 全ては自分に味方していく、 ぶつかりそうになっても回避して、 障害があっても問題とならない。 突き進めばうまくいく、 勇壮に限りなく前進を続けていく段階。

case.3

勢いのあるときなので、 このまま走り続けていけば、 目の前の障害も軽々と乗り越えて、 相手を振り向かせることができるかも。 自分の確信を貫いて、 進んでいけるところまで、 勢いを止めずに、駆け抜けて。

五爻

case.1

勢いが失われていくときですが、 猛進する危険がなくなるので、 後悔することなく過ごせそう。 去って往く勢いを、 追いかけたりはしないで。

case.2

勢いが薄れていく。 それぐらいで丁度いい、 盛りが過ぎて、激流が去って、 適度にゆるやかになっていく。 嘆く必要もないし鼓舞する必要もない、 自然のペースに歩調を合わせていく段階。

case.3

少し、関係に、 勢いがなくなってきたかな、 と感じても、それはそれでいい。 お互いの気持ちは変わっていないし、 激しく求め合うときもあれば、 穏やかいに想い合うときもある、 ただそれだけのこと。

上爻

case.1

突進すれば、壁にめりこんで、 退くことも進むこともできないような、 何も利することのない状態に陥りそう。 難しい状況にあることを受け容れて、 苦しい時期を耐え切ることができれば、 良い結果に通じることになるでしょう。

case.2

勢いを止められない。 ぶつかると分かっていても、 苦しむと知っていても、 どうしようもない。 抑えられず突き進んでいく、 窮地へと駆り立てられていく過渡期。

case.3

暴走しやすい関係なので、 お互いをいさめる意識を持って。 一緒に猛進してしまえば、 どうにもできない状況に陥って、 共に苦難を味わうことに。 困難のつきまとう関係だと自覚し、 自戒していくことが大切です。