火地晋

かちしん

image

昇進

case.1

目覚ましい昇進のとき。 自分の務めをきちんと果たしていれば、 その功績を認められ、高く評価されて、 多くの褒賞を受け取ることになるでしょう。 素晴らしい機会を何度も与えられ、 ぐんぐんと昇り進んでいくことができる、 晴れ晴れしい日の出のときです。

初爻

case.1

進もうとしても、 望みを砕かれてしまうようなとき。 それでも、自分の行くべき道を守り、 貫き通していくことができれば、 良い結果につなげることができるでしょう。 人に認めてもらえなかったとしても、 自分の心が豊かならば、問題なし。

case.2

不遇のとき。 信念を認めてもらえない、 力を発揮する場を与えられない。 希望が通らなくても挫けずに、 自分を信じ、未来を信じて、 修養し自分の道を歩み進める段階。

case.3

相手に向かっていっても、 気持ちを打ち砕かれてしまうかも。 引かれ合ってはいるようですが、 相手には、こちらの想いを 素直に受け取れない事情がありそう。 今は、信じてもらえなくても、 相手を想う豊かな心を、大切に貫いて。

二爻

case.1

進もうとしても、前途の困難さに、 悩んでしまいそうなときですが、 行くべき道を歩み続けていれば、 良い結果を得ることに通じ、 大きな幸福を授かることができそう。

case.2

思い悩みながら進んでいく。 味方もなく、先行き不安、 どうなるか分からないけれど、 自分の道を行くしかない。 きっと幸運な展開が迎えてくれる、 憂慮を払って前に進み続けていく段階。

case.3

相手はこちらに応じる気がなく、 悩みが深まってしまいそう。 すぐに認められることはなくても、 確信があるのなら、あきらめないで。 そのうちに、大きな幸運が、 舞い込んでくる可能性もあるから。

三爻

case.1

同じ道を進もうとする流れが、 生じてくるようなとき。 その流れの後押しを受けて進むならば、 後悔するようなことはないでしょう。

case.2

味方を得ていく。 自分の道を認めてくれる、 同じ道を行こうとしてくれる、 応援し力になってくれる。 前へ前へと押し出し進ませてくれる 追い風が吹き始めていく段階。

case.3

大事なのは、自分のことを、 相手以外の他の人たちが、 支持してくれているかどうか。 他の人が賛成してくれて、 協力してくれるようならば、 相手もきっと認めて、 受け入れてくれるでしょう。

四爻

case.1

行くべき道に沿ってはいても、 力も無いのに、進み過ぎてしまっては、 害にしかなりません。 不当なところまで進んでしまうのは、 危険だと心得ること。

case.2

貪欲に進んでいく。 行けるところまで何処までも、 そのうち自分の手に負えなくなって、 進み過ぎたと気づき不安になる。 相応しい進み方をしなくては危険、 無謀な態度を見直していく段階。

case.3

大事なのは、 関係を進め過ぎないこと。 相手も進めることに意欲的でも、 適切な段階を越えてはいけません。 行き過ぎてしまえば、きっと、 自分の手に余ることになって、 関係を保っていくことが、 危うくなるかもしれないから。

五爻

case.1

心配なことが多少あったとしても、 悔いるようなことにはならないとき。 損得などは気にする必要はありません。 積極的に進めば、良い結果を得て、 何事もうまくいくことになるでしょう。

case.2

大いに進んでいく。 何も心配する必要はないし、 どうなるかなど気にしなくていい、 進めば全てがうまくいく。 日の出の勢いで道が明けていく、 自信を持って力強く前進していく段階。

case.3

相手に対して、 後悔が残っていたとしても、 もう、気にしないこと。 それは、終わったことで、 これからのことには、関係ない。 何も心配せずに、 積極的に向かっていってみれば、 きっと、よかったと思える。

上爻

case.1

自分自身が抱える問題の解決に、 進んで乗り出すならば、 危うさはあっても、良い結果となり、 咎められることもないでしょう。 正しい道を進み続けて来たのだとしても、 この時点で、その問題が存在するということは、 恥ずべきことと考えるべきかもしれません。

case.2

一つの頂点。 進めるのはこの辺りまで、 行くべき道を究めて来たけれど、 新たな問題が生じかけている。 細々としたことを片付けて、 今後の危機に備えていく過渡期。

case.3

相手との関係は、 進めるところまで進んでいて、 特に問題はなさそう。 今、気にすべきなのは、 自分自身の抱える問題を、 どうすべきかということ。 この時点で、その問題を 解決できていないというのは、 相手に対して、恥ずかしい。