地火明夷

ちかめいい

image

暗黒時代

case.1

傷つき敗れ、明るさが失われるようなとき。 苦難のときであることよく自覚して、 自分の行くべき道を見失わずに、 固く貫き通すようにするとよいでしょう。 本当の智慧や能力や大事なことは、 あえて包み隠すようにして、守り、磨き、 目的を遂げるべき機を、伺い待つこと。 暗いところに没したように見えて、 芯に明るさを決して失わない。 その賢明さ、真の強さを、試されるときです。

初爻

case.1

傷ついて、旅に出たところで、 うまくいくことはなさそうなとき。 どこへ行っても 有難く迎えてもらえることはなく、 身の置き所がなく、困窮しそう。 自分が悪いわけではないのだけれど。

case.2

自分に合わないところから離れる。 行く当てがあるわけでもなく、 逆境を渡り歩いて、落胆し意気消沈、 それでも自分を見失わない。 相容れないものに迎合することなく、 困窮しながらも信念を貫いていく段階。

case.3

つらいときですね。 傷つくことばかりで、 何をしてもどうしようもなくて、 がっかりで落ち込んでしまう。 でも自分を責めないで。 あなたは間違っていない。 信念を捨てないで。 今は苦しくても。

case.4

一緒にいれば、傷つく。 だからといって、 相手の元を飛び去っても、 落ち着きを得ることはできず、 他に理解してくれる人もいない。 苦しいときではあるけれど、 やっぱり、この関係を、 見捨てるべきではないのかも。 貫き、負けない、強さを磨いて。

二爻

case.1

傷を受けて、自分の力だけで 進むには困難が伴うときですが、 強力で迅速な援助を得ることができれば、 良い結果に通じることになるでしょう。

case.2

ダメージは大きい。 でもまだ動けないほどではない、 うずくまっていないで、 馬力を出して、速やかに立ち上がる。 落ち込んでいる暇はない、 苦境にある自分を奮い立たせて、 起き上がり疾風を巻き起こしていく段階。

case.3

痛そうですね。 致命傷ではなさそうだけど、 無視できる傷ではありません。 速やかに対処しましょう。 放っておいてはダメです。 良い解決策があるはずだから、 懸命に求めてください。

case.4

傷は深く、これ以上、 一緒に進むことは難しい。 別々に、自分を守ることを、 優先して考えるべきかもしれません。 この関係を苦境から救ってくれる、 有難い援けの手が、颯爽と、 現れてくれることを祈りながら。

三爻

case.1

暗黒をもたらす根本にあるものを討ち、 明るさを取り戻そうとすべきとき。 ただし、それは非常なことであり、 重大なこと、革命を起こすようなこと。 正しいことをして、 行くべき道を通そうとするのであっても、 性急であってはなりません。

case.2

正面から立ち向かう。 明るさを取り戻すためには、 暗さの原因を取り除けばいい。 率直で大胆で危険な道、 即効確実で甚大な影響のある道を、 入念周到な準備をして進んでいく段階。

case.3

自分を傷つけるものを、 自分で打ち破る。 それは、本当に大仕事です。 ちゃんと覚悟して向かわないと、 また自分が傷つくことになる。 癒しを焦ってはいけません。 忍耐強く、深く見据えて。

case.4

傷つく原因が、相手側にあるのなら、 そのことを問いただし、改めることを、 厳しく要求していくべきです。 ただし、その改革に着手することは、 この関係に革命を起こすこと。 相手との関係を壊しかねない、 重大な意味を持つ行為です。 結論を急がずに、じっくり検討して。

四爻

case.1

自分の殻に閉じこもって、 抵抗の姿勢を見せるよりも、 危険の中に入り込むようにして、 取り入り懐柔するのが得策かも。 行動に出るなら、そのように。

case.2

腹中に入り込む。 拒否や抵抗をしない、 対立姿勢は決して見せずに、 近づき歩み入る。 相対するものの信頼を得ることで、 自分の出方を慎重に探っていく段階。

case.3

傷ついても、傷つけられても、 心を閉ざさない。 攻めたり、傷つけたりせずに、 相手の心に寄り添う。 強くなくてはできない。 賢明な態度です。

case.4

相手といると、 傷つくことも多いだろうけれど、 離れればよい、というわけでもない。 相手に心を閉ざすのではなくて、 一緒にいて、相手の信頼を得ること、 相手の心をつかんでいくことが、 最善の道かもしれない。 いつか、傷つかなくなるための。

五爻

case.1

苦難の中にあり、 真実を包み隠すしかなくても、 決して、自分の行くべき道を、 見失ってしまわないこと。 暗黒に染まることなく、 自らの光を固く守り通すことが、 大事なとき。

case.2

攻撃を避け、信念を隠し通す。 無害であるような態度を装い、 真意を悟られることなく、洞察を深める。 誰にも理解されることはなくても、 賢明に自己の真実を秘め貫いていく段階。

case.3

傷ついたからと暴れない。 傷ついたことを振り回さない。 本当に大事なものは、 傷ついていない、傷つけさせない。 傷ついたことに振り回されない。 決して没することのない明知。

case.4

厳しく苦しいときですが、 今は、相手の言いなりになる、 ‘ふり’をしていること。 本当の心は隠して、 いつか、本当のことを表に出す チャンスが訪れるまで、 相手を騙し、惑わすこと。 そうして自分を守り、真実を守り、 本当の想いを遂げるべきときを、 じっと、忍んで待つのです。

上爻

case.1

行くべき道を見失うことは、 自分で暗黒を招くこと。 愚行を重ねていると、 最後には、自分で自分を、 傷つけ破ることになるでしょう。

case.2

光が見える。 地に堕ちて初めて気づく、 自分の愚かさ、未熟さ、 何も分かっていなかったこと。 ここから変えていける、 傷だらけの暗黒時代を乗り越えて、 明かりを感じ始めていく過渡期。

case.3

傷つけないで。 自分のつけている傷を、 自分が生み出している傷を、 見えないから気づかないからと 暗愚に甘え続けていたら、 どうなるでしょう。 傷つけないで。 ここまでにしましょう。

case.4

相手を思い通りに扱って、 有頂天になっていられるのも、 今のうち。 相手を傷つけてばかりいては、 いつか、相手の反撃をくらって、 天国から地獄に堕ちるような目に、 遭うかもしれません。 自分の態度の愚かさに気づいて。