火沢睽

かたくけい

image

背き合う

case.1

背き合い、乖離するとき。 性質や道の異なるものとの関わりが、 鍵となるときです。 違うからと反発するだけでは、 何も進まないかもしれないけれど、 大きなことでなければ、多少は、 良い結果を得ることもできるとき。 うまくいかせるための鍵は、 背き合うもの、異なるものの中に、 応じ合える部分、共通する部分を、 見出すことができるかどうか、です。

初爻

case.1

応じ合うものがなく、 行きたい方へ進めなくても、 焦らずにそのまま待っていれば、 そのうちに道が開けることになり、 後悔せずに済みそうなとき。 嫌なものを頑なに拒む態度を やわらげれば、問題がなくなるかも。

case.2

背いていく。 離れていくものを追わない、 そのうち勝手に戻ってくるだろうし、 合わない部分があるのは仕方ない。 反発を感じるものを拒むことなく、 自然と合同するときを信じて待つ段階。

case.3

背を向け合うことになっても、 放っておけば、大丈夫。 もう終わり、と思っていても、 そのうち、元に戻りそう。 相手に許せないところがあっても、 心を広く持って、多少は、 受け容れる態度を覚えるべきかも。

二爻

case.1

応じ合うものと離れてしまうときですが、 思いがけない所で、ばったり会えるかも。 どんな状況でも、会うべきものには会うので、 離れてしまっていても、問題なし。

case.2

めぐり合っていく。 背を向けて離れてしまったもの、 再び合流したいと思っていたものと、 ぱったり遭遇する。 出会うべきものとは必ず出会う段階。

case.3

はぐれてしまっても、 必ず、また、めぐり合う。 探し回って、なかなか会えなくても、 きっと、何かの形で、また出会う。 離れてしまっても、離れることのない、 縁の深い、運命の相手なのかも。

三爻

case.1

行くべきところに行こうとしても、 引き離そうとする力に悩まされるとき。 関係のないものに邪魔されたり、 自分に罪はないのに疑われたり、 ひどい目に遭うこともありそうですが、 最終的には、誤解もなくなり、 応じ合うべきものと応じ合うことが できるでしょう。

case.2

引き離されていく。 求めるものに近づけず、 背かれて、傷つけられる。 望まない反発に苦しみながら、 距離を縮めることをあきらめずに、 確実に前進する努力をしていく段階。

case.3

余計な邪魔が入ったり、 それで相手に疑われたりと、 波乱の多い関係ですが、 最終的には、結ばれそう。 仲を引き裂かれそうになるのも、 きっと、乗り越えるべき試練。

四爻

case.1

応じ合うものがなく、孤独なとき。 自分と同質のものと、 真心を通わせるようにしていけば、 背き合う危険がないわけではないけれど、 問題とはならないでしょう。

case.2

孤立していく。 あるのは反発してきたものだけ、 いつもなら目を背けるけれど、 何かを感じる、きっと何かを得られる。 合わないものの中に合うものを見出し、 新たな刺激を受けていく段階。

case.3

反発し合う相手でも、 共通する何かはあるはず。 話し合う機会を得たならば、 心を開いて、本音を打ち明けて。 独りで突っ張っていないで、 何らかの形で、協力し合えないか、 道を探ってみるべきです。

五爻

case.1

応じ合うことを邪魔するものがあっても、 簡単に取り除いて、忠実な応援を得られるとき。 後悔につながることはないでしょう。 積極的に進んで、何の問題もありません。

case.2

少しだけ反発がある。 でも本当はしっかり結びついていて、 反目するようなことにはならないし、 すぐにまた合同する。 背を向けても本気で離れることはなく、 行くべき道を問題なく進んでいける段階。

case.3

この関係を邪魔するものがあっても、 それを取り除くことは、容易い。 背き合い、離れることがあっても、 きっと、またすぐ、簡単に、 応じ合い、手を取ることができる。 そういう結びつきの強い関係。

上爻

case.1

ありもしないものを見て、猜疑心を強め、 蔑み、攻撃するような態度をとって、 孤立してしまいやすいとき。 真実を知れば、誤解が解けることになり、 自分から歩み寄れば、応じ合うことができて、 良い結果につなげることができるでしょう。

case.2

疑心暗鬼。 妙な想像ばかりして、 現実からどんどん離れていく。 自分が道を遠ざけていることに気づき、 心を入れ換えて向き合っていく、 行くべき道を再確認していく過渡期。

case.3

疑えば、相手はどんどん遠くなる。 相手の真の姿を知ろうとしないで、 勝手に想像をふくらませて、 軽蔑したり、非難したり。 全て、誤解なのに。 素直に相手の言葉を聞いて、 素直に自分の気持ちを伝えて、 素直な想いを通わせてみませんか。