水山蹇

すいざんけん

image

進みにくい

case.1

進もうとしても進みにくく、 行こうとしても行き悩むとき。 ただでさえ歩きにくいのだから、 山を登るような険しい道を行っても、 うまくいくことはなさそう。 今は、穏やかで平坦な歩みやすい道を、 選んだ方がよいかもしれません。 困難なときこそ、方針をしっかり定めて、 自らの指針や導きとなるものを、 見失わずにいることが大事。 行くべき道を堅実に歩み続けたなら、 良い結果に通じることになるでしょう。

初爻

case.1

行こうとすれば、悩みに突き当たるだけ。 進まずに、時を待っていた方が、 誉められるでしょう。

case.2

進めない。 道は険しく困難で、 どんなに頑張っても徒労に終わる、 進もうなどと考えるべきではない。 進めないときもあることを知り、 進めるようになるまで賢明に待機する段階。

case.3

今は、進みようがない。 無理して向かっていっても、 相手はきっと喜ばないし、 もう少し動きやすくなるまで、 じっと待機していた方が、 どう考えても、賢明です。 焦らないで。

二爻

case.1

自分個人の問題を超えて、 険難に陥っているもののために、 献身的に尽力すべきとき。 結果を問わずに、 困難の中で努力することが大事。

case.2

困難でも必死で進む。 自分のためではなく、 自分を待っているもののために、 死力を尽くして進んでいく。 行けるかどうかは分からない、 それでも進むことをあきらめない、 使命感に駆り立てられて行く段階。

case.3

相手が大変な状況にあるのなら、 とにかく、助けに向かうべき。 何もできないかもしれないけれど、 相手を救いたい、助けになりたい、 という気持ちが大事。 一緒に苦しむことになったとしても、 困窮している相手を、見捨てないで。

三爻

case.1

進めるからと進んでいけば、 かえって悩みが生じてしまうかも。 思い直して、元の場所に居た方が、 居心地がよく安定しそう。

case.2

進んでもうまくいかない。 行けなくはないけれど、 行かない方がいい、 このまま落ち着くのも悪くない。 ある程度までは進めても挫折する、 道を引き返し留まっているべき段階。

case.3

引かれ合う相手ですが、 このまま進んでよいのかどうか、 よく考えて。 一緒に進めば苦労する、 難しい関係なのではないでしょうか。 今なら、引き返せる。

四爻

case.1

進めば、悩みが深まるとき。 留まれば、その道を行くことを 後押ししてくれるような流れが、 生じてくるかも。

case.2

自分の力だけでは進みにくい。 もうしばらくその場に止まり、 何か助けとなりそうなものはないか、 探しながら待ってみる。 無理を押して進まずに、 何らかの応援を得ようとしていく段階。

case.3

この相手とは、進みにくい、 と感じていませんか。 無理して進むのを止めたら、 他に、もっと進みやすい相手が、 現れる可能性がある。 険しい道を行こうと悩む必要は、 ないのかもしれません。

五爻

case.1

困難の真っ只中にあり、 進むのが大変に難しいときですが、 助けを得られることになりそう。 あきらめないで。

case.2

困難に陥って進めない。 どうしようもない難しい状況に、 足を踏み出すことができないけれど、 きっともうすぐ、助けが得られる。 過酷な試練の渦中にありながらも、 救いの手が差し伸べられようとしている段階。

case.3

相手はきっと、見捨てない。 こちらが大変な状況にあると知ったら、 自分を犠牲にしてでも、献身的に、 力になってくれるでしょう。 試練のときにあっても、困難の中を、 共に悩みながら、歩んでくれる。

上爻

case.1

進めば、行き悩むことになりますが、 留まって、導きを得るようにすれば、 大きな成果を出すことができて、 良い結果に通じることになるでしょう。 指導を仰ぐことで、うまくいくとき。

case.2

何の指針もないままでは、進むのは難しい。 進みにくい道を行くのはあきらめて、 冷静に立ち返り周りを見渡して、 「この道なら行ける」という道をみつける。 希望の灯火に困難が解け始め、 大いに進み行けるようになっていく過渡期。

case.3

一緒に歩んでいこうとしても、 進もうにも、進みにくい。 自分たちだけで進み続けるのは、 もう限界なのかもしれません。 信頼できる人に相談したり、 助言を得るようにしてください。 きっと、突破口が見える。