山水蒙

さんすいもう

image

啓蒙

case.1

智慧に暗く、道理が分からないとき。 そのときそのときに正しい方向へ 進んでいくことができたならば、 道は通っていくことになるでしょう。 どの方向へ進むべきかということは、 その答えを自分から求めていかなくては、 導きが得られることはありません。 真摯に問えば、答えが得られるときですが、 何度も同じことを問い直すような態度では、 その問い自体が穢れることとなり、 答えを得ることはできなくなります。 行くべき道を正しく歩んでいこう、 という真剣な姿勢を保ち続けることが、 大切なときです。

初爻

case.1

道理を知る必要のあるとき。 そのまま進んでしまったら、 恥をかくことになるでしょう。 愚かな考えは、厳しく制すること。 強制されなくても、自分の判断で、 行くべき道を行けるようになることを、 目指さなくてはなりません。

case.2

先が見えない。 なぜ見えないのか、 自分の何がいけないのか、 反省して、一歩を踏み出す。 問題を繰り返さないと誓い、 光へ向かう進歩を決意する段階。

case.3

相手も自分も、 どうすればよいのか、 わからなくなっているみたい。 相手に期待するのは無駄なこと、 自分がしっかりしなくてはなりません。 自分で自分を縛りつけてでも、 愚かな行動に出ることがないように、 してはいけない、と知っていることは、 絶対にしないようにしましょう。 相手を何とかしたいと思うなら、 まずは、自分の弱さを克服する努力を。

二爻

case.1

愚かさを受け容れ、 光を得て、道を開く力のあるとき。 自分が先導するように進んでいけば、 良い結果に通じることになるでしょう。

case.2

先は見えないし、問題は山積み。 どうしようもない状況でも、 否定しない、拒絶しない、投げ出さない、 自分が責任を持って受け容れる。 暗く混迷した状況に光を灯すために、 全てを引き受ける覚悟をする段階。

case.3

相手の未熟さを、受け容れること。 相手は、自分がどうしたいのか、 どうしていけばよいのか、 わからない状態にあるようです。 こちらから道を指し示して、 この方向に一緒に歩んでいこう、 という態度で臨めば、うまくいきそう。 お互いに想い合っていることは、 確かなようだから。

三爻

case.1

誘惑に負けやすくなるときなので、注意。 慎みを忘れて、愚かな方向に走ってしまえば、 何もうまくいくことはありません。 人を見る目を養うことも、大事なときです。

case.2

見るべきものをきちんと見ているか、 上辺や見た目にだまされていないか、 見えていることが本当にそうなのか、 自分の目を疑ってみる。 ぼやけた目では、何も見えていない。 顔を洗って、目を覚ますべき段階。

case.3

相手のお金や条件に、 目がくらんでいないでしょうか。 もしくは、他の人に、 金品で誘惑されていたりして。 相手とうまくいっているようでも、 表面的なことにだまされている 可能性があるので、注意。 向こうも、こちらの条件に、 つられているだけかもしれません。 関係を本格的に進展させる前に、 お互いを信用できるのかどうかを、 よく確かめて。

四爻

case.1

自分の愚かさに苦しむときであり、 そのような自分を恥ずべきときです。 導きを得ようとしても、 すぐには叶わないかもしれませんが、 智慧を求め道理を知ろうとする意識に、 光を灯すことが必要です。

case.2

何も見えない。 何がどうなっていて、 これからどうなっていくのか、 どうしていけばよいのか、 何も分からない。 暗闇の中に独りきりで、 灯りを求める努力をしていく段階。

case.3

相手の気持ちがわからず、 先行き不明で、苦しい。 真っ暗な中で、 孤独に、光を得られずにいる。 残念ながら、相手にも、そこに 光をもたらすだけの力はありません。 向こうは向こうで、 自分の闇を払うために、 もがいているところのようだから。 相手は相手で、きっと頑張っている。 だから、自分は自分で、 相手に恥ずかしくないように、 自分の光を求めて、頑張ってみませんか。

五爻

case.1

自分の愚かさを謙虚に受け容れ、 素直に学ぼうとする姿勢のあるとき。 そのような態度で導きを求めていくならば、 良い結果に通じていくことになるでしょう。

case.2

このままでは進めない、 分からないまま、薄暗いままでは。 無知で未熟であることに気づき、 虚心に智慧を請い、導きを求める。 先の見えない混沌とした状況に 希望の端緒を引き寄せる段階。

case.3

わからないことがあるのなら、 素直に、相手に、たずねてみて。 きっと相手は、その想いを、 しっかりと受け止めてくれるだろうし、 この先に通じる道を示し、 一緒に歩もうとしてくれるでしょう。 良い関係を開きたいならば、 自分から、求めて。

上爻

case.1

愚かさを克服しようと、 強く意気込みやすいときですが、 自分以外の問題にまで手を入れようとしても、 得られるものはないでしょう。 外の問題を自分の中に引き込まずに、 自己の智慧を開くことに集中することが、 大事なときかもしれません。

case.2

問題解消に取り組んでいく。 原因を理解して、 同じ問題に悩むことがないように、 賢明に努力し心掛けていく。 気づけなかったことに気づき、 見えなかったものが見えてくる、 明瞭な視界が開けていく過渡期。

case.3

不明なことをはっきりさせたいとか、 相手の愚かな点や未熟な点を正したいとか、 強硬な態度に出やすいときですが、 あまりに攻撃的になって、 相手を追い詰めるようなことは、 しない方がよさそう。 今後も関係を続けるつもりならば、 相手を非難するよりも、 この先、どのように改善していくべきか、 どうすれば問題を防げるのか、ということを、 重視して考えていくべきでしょう。