山沢損

さんたくそん

image

減らす

case.1

減らすことが鍵となるとき。 誠意をもって臨むのであれば、 必要なことにおいて、必要な程度、 何かを減らすようにすることが、 素晴らしい結果に通じていくことになり、 問題となることもないときです。 行くべき道に沿い続けていくのであれば、 減らすことによって、積極的に進んで、 得られるものがあるでしょう。 真心があれば、 形式を減らしてもよいときであり、 減らす方向で考えていくべきときです。

初爻

case.1

他にすべきことがあるのなら、 今していることを中断して、 速やかに、そちらに向かっても、 問題ないとき。 ただし、損失の程度はよく斟酌して、 力の分配を考えること。

case.2

分配していく。 目の前のことだけに専念せずに、 他に必要とされている部分に、 必要な分を注力していく。 これまでとは違う流れを起こし始める、 新たな可能性に投資していく段階。

case.3

自分の分は減らしてでも、 相手の分を増やしてあげること。 それも、速やかに。 相手はどのぐらい必要としているのか、 自分はどのぐらい犠牲にできるのか、 その配分やバランスをよく考えて、 相手のために、自分を分け与えて。

二爻

case.1

自分の道を固く守り通した方がよいとき。 積極的に何かをすれば、 悪い結果につながることになるでしょう。 何もしないということが、有益なときであり、 何かをするという行為を、減らすべき。

case.2

何もしない。 必要な投資はしてあるから、 あとは信じて見守るだけ。 手を出したくても出さない、 歩みを無駄に乱すことがないように、 可能性の開花を静かに待つ段階。

case.3

何かをしてあげることが、 相手のためになるとは限らない。 手を貸したくなることも、 今は、ぐっとこらえて、 自分のことに専念を。 信じて、黙って見守ることが、 相手への最善の贈り物。

三爻

case.1

何かが減ることになったとしても、 残ったものにとっても、 減っていったものにとっても、 その方が、うまくいくことになった、 ということになりそう。

case.2

しぼっていく。 可能性は色々あっても、 全てが花開くとは限らない。 必要なものを残し、 減らすべきものを減らしていく、 選定をしていくべき段階。

case.3

相手とは、一対一で、 向かい合うべき。 余分なものを引き連れて、 ぞろぞろと向かっていっても、 真剣に向き合ってはもらえない。 相手に応えてほしいならば、 余計なものは排除して、 身一つで、求めて。

四爻

case.1

悪いところや、病んでいるところを、 減らすことができるとき。 速やかに、減らすことができたなら、 喜ばしい結果となるでしょう。 問題はありません。

case.2

不要なものが減っていく。 余計な可能性や邪魔な部分がなくなり、 すっきりとして見通しが開けていく。 暗く淀んだ流れが減退し、 明るい活力が流れ込み始める段階。

case.3

良い影響を与えてもらえる関係。 相手と付き合うことで、 こちらの欠点や悪いところが、 減らされていくことになるかも。 早いうちに、そのことに気づき、 自分から受け容れていけば、 きっと、うれしい結果に。

五爻

case.1

増される立場にあるとき。 その分、他で何かが減ることになっても、 それも必要だということ。 間違いなく、 素晴らしい結果に通じていくでしょう。

case.2

素晴らしいものが流れ込んでくる。 減らすべきものを減らし、 手放すべきものを手放したから、 本当に必要なものを受け取っていく。 確実に可能性が開花していく段階。

case.3

何がこちらのためになるかを考えて、 本当に必要としているものを、 惜しみなく分け与えてくれる、 素晴らしい相手。 間違いなく、 幸運をもたらしてくれる相手です。 同じように、誠意で応えて。

上爻

case.1

減らす必要のないものを減らさずに、 減らしてもよいものを減らして、 全体を益することのできるとき。 そのようにすれば、問題はなく、 行くべき道に沿い続けていくならば、 良い結果に通じていくことになるだろうし、 積極的に進むとよいでしょう。 全体の利益に奉仕する姿勢が鍵。

case.2

減らすことは増やすこと、 与えることはもらうこと、 手放すことは受け取ること。 その場の損得に気を取られずに、 全体の循環を意識していく、 視点の転換が促されていく過渡期。

case.3

自分がたくさん持っていて、 相手が必要としているなら、 惜しみなく、分けてあげればいい。 自分のもの、相手のもの、などと 分け隔てるような考え方を、 すべきではないのかもしれない。 お互いにとって、この関係にとって、 最善であることを大事に。