沢地萃

たくちすい

image

集まる

case.1

集まる流れのあるとき。 集まって来るものを統制し、 集中すべきことに集中していけば、 得られるものがあるでしょう。 道は通じていきますが、 行くべき道を正しく歩み通す姿勢を、 守ることが必要です。 大きな犠牲を払ってでも、 集中すべきものに身を捧げるようにすれば、 良い結果につなげることができそう。 積極的に進んで、うまくいくでしょう。

初爻

case.1

集まるべき方に集まろうとしても、 なかなか目的を遂げられず、 集中できなくなったり、 違う方に集まろうとしてみたり、 心が乱れやすいとき。 そこでもし、本来の目的に向かって、 必死でそれを求めるならば、 助けの手が差し出されて、 ほっとすることができるでしょう。 行くべき道を行こうとしていれば 問題ないので、余計な心配はしないで。

case.2

集まっていく。 離れたりくっついたり、 なかなか円滑にはいかなくても、 心から叫んで集まろうとしていく。 まだ、まとまり切ることはなくても、 ゆるやかな流れが生じ始めていく段階。

case.3

相手のところに行こうとしても、 他に色々なものが自分の元に寄ってきて、 すんなりと向かうことができない。 そんな中で、大事なのは、 大声で、相手を求めること、 気持ちを伝えること。 そうすれば、きっと、相手は、 笑って手招いて、迎え入れてくれる。 だから、心配しないで。

二爻

case.1

多少の障害があったとしても、 集まるべきものと引き合って集まれば、 良い結果に通じることになり、 問題ないでしょう。 真心や誠意があれば、 形にはあまりこだわらなくても、 うまくいきそう。

case.2

引き寄せていく。 形はどうであろうとも、 心から必要としているものを まとめていくことに意味がある。 求めるものに手をのばし、 無心に集めていく段階。

case.3

引かれ合っている仲であり、 特に問題はなさそう。 より結びつきを強めるために、 一緒に気持ちを込められる何かを していくとよいでしょう。 形や形式にこだわらないで、 想い合う誠意や真心を大切に。

三爻

case.1

身近なところで集まることを求めても、 想いは叶わず、嘆くことばかりで、 何もうまくいかないかも。 本来の集まるべきところに向かえば、 問題はないけれども、 受け容れてもらえるからと、 ただそこに集まっているのは、 少し恥ずべきことでもあるでしょう。 しばらく様子を見て。

case.2

集中できるものがない。 周囲にも心の中にも、 求め引かれるものは何もなく、 空虚が広がり満ちていく。 穴が空けばきっとそこに何かが入る。 淡々とただ歩を進めていればよい段階。

case.3

相手と心を一つにすることは叶わず、 嘆くしかなさそう。 ただ、相手が孤独に耐えかねて、 こちらに寄ってきてくれる、 という可能性も、ないわけではない。 自分が情けなくなることがあっても、 相手に積極的に働きかけ続けてみるのは、 悪くないかもしれません。

四爻

case.1

多くのものが集まる強運のとき。 自分の実力以上のものを掌握できるときなので、 気を引き締めなくてはなりません。 素晴らしい結果につなげることができれば、 問題ないでしょう。

case.2

集まってくる。 望んだものも望んでいないものも、 勝手に引き寄せられてくる。 多くの幸運を手中に収め、 大きく開花させていかなくてはならない、 可能性が集中的に流れ込んでくる段階。

case.3

相手は、こちらに注目している。 自分が考える以上に、 相手の気持ちはこちらに集中している、 と思うべきかもしれません。 大事なのは、その気持ちに応えて、 ちゃんと、うまくやること。 相手を失望させないように。

五爻

case.1

集まる中心を得ているときであり、 正当で、問題ありません。 そこに集めることが真の道だと、 信じられずにいる部分があったとしても、 最善の道を行こうとする姿勢を 固く守り続けて行くならば、 集中し切れないという悔いは、 やがて滅んでいくことになるでしょう。

case.2

集めていく。 それができる立場にあるから、 足りないところは誠実に努力して、 最善であるようにまとめあげていく。 行くべき道に集中して歩んでいく、 肥沃な流れの中にある段階。

case.3

相手とは、想い合っている。 この関係を、永く、善い状態で、 保ち続けていけるよう努力すれば、 何の問題もないでしょう。 今はまだ、不安なことや心配なことも、 きっと、気にならなくなるでしょう。

上爻

case.1

集まる流れから外れてしまいそうなときですが、 今ならまだ、合流に間に合うかも。 心から涙を流して孤立を反省するならば、 問題とならずに済むでしょう。

case.2

流れから外れていく。 悲しくて痛くて寂しくて、 合流することもできなくはないけれど、 離れなくてはいけないのかもしれない。 独りで行くべき道を行くべきか、 苦悶の中で答えを探していく過渡期。

case.3

相手は、ついてきてくれない。 悲しくて、寂しくて、泣くしかない。 なぜ、相手はきてくれないのか、 よく反省して、悔い改めて、 こちらから、相手に歩み寄ること。 孤独に、涙を流していたくないならば。