地風升

ちふうしょう

image

成長

case.1

順調に成長し、昇り進んでいけるとき。 道は、大いに通っていくでしょう。 向上のための導きを得られるときであり、 何も心配せずに、自然の光の射す方へ 向かっていけばよいとき。 前進すれば、良い結果に通じるでしょう。 ぐんぐん伸びて、上を目指して。

初爻

case.1

上のものに付いていくようにすれば、 間違いなく昇っていくことができるとき。 素晴らしい結果に通じるでしょう。

case.2

向上していく。 成長の可能性に満ち溢れ、 目指すべきもの、導いてくれるものがあり、 上だけを見て無心に進んでいく。 必ず昇っていける、 素晴らしい伸長力を発揮していく段階。

case.3

自分の力だけでは、 相手には、手が届かないかもしれない。 相手に届くように、 何とかそこまで伸ばしてもらえるように、 力のある人の手を借りることを考えてみて。 もっともっと、自分の力を伸ばさなければ、 自分がぐんぐんと成長していかなければ、 相手には、まだまだ届かない。

二爻

case.1

誠意が通じるときなので、 形にはあまりこだわらなくても、 うまくいくでしょう。 問題のないとき。

case.2

どんどん伸びていく。 大事なのは形式ではなく、 伸びようとする意志や力が本物であること、 本物が自分の中に宿っていること。 余計なものに煩わされず、 素直に自然に伸展していく段階。

case.3

一緒に成長していける相手。 大事なのは、その向上心と、 お互いの発展、関係の発展を、 願い志す気持ち。 その真心さえあれば、 形などは気にしなくても、 うまくやっていけるでしょう。

三爻

case.1

何の障壁もなく、 どんどん昇り進んでいけるとき。 この先に何が現れても、 実質的には無害となりそう。

case.2

伸び伸びと進んでいく。 行く手を遮るものは何もなくて、 自由に、好きなように、望む方向に、 ぐんぐん伸びていける。 多くの光を吸収しながら、 力強く成長し進み続けていく段階。

case.3

関係を邪魔するものは何もなく、 どこまでも自分たちの思うままに、 ぐんぐんと昇っていける。 ただ、何のために、どこを目指して、 昇り続けているのか。 それを見失ってしまわないように、 相手の動向には、注意が必要です。

四爻

case.1

向上の導きを得るための 誠意や礼を大切にすることが鍵。 そのようにすれば、 良い結果を得ることに通じ、 問題ないでしょう。

case.2

まだまだ伸びていく。 成長し発展していけること、 そのための導きが得られることに、 心からの感謝を添えて。 願いを込めて、謙虚に上を向き、 順調に道を伸長し昇り進んでいける段階。

case.3

相手と向上的な関係を築きたいならば、 その願いに誠意を尽くすことを、 背筋を正して、誓うべき。 自分が成長し、相手も成長しなければ、 この関係が伸びていくことは、 まだ難しいのかもしれない。 可能性は、大いにあるけれど。

五爻

case.1

下から支えてくれる力にも恵まれ、 行くべき道を固く歩み続けていれば、 良い結果に通じていくとき。 階段を上るように、 とんとんと昇り進んでいけるでしょう。

case.2

好調に伸び進む。 目の前には、上に昇るための階段。 しっかり安定していて、昇りやすくて、 どこまでも進んでいけそうな階段。 高いところへ上がっていける、 目指すべき地点が近づいてきている段階。

case.3

トントン拍子に進んでいきそう。 関係は、成長段階、発展段階にあり、 より明るい方へ、さらに上に向かって、 順調に進展することになるでしょう。 浮かれて、階段を踏み外さないで。

上爻

case.1

昇ることばかり考えて、 目がくらんでしまっているとき。 目を覚まして思い直し、 行くべき道を固く歩むという態度を、 不断に保ち続けるようにすれば、 得られるものもあるでしょう。

case.2

これ以上は伸びない。 ひたすら上ろうとしても、 何を目指しているのか見失い、 ひょろひょろと迷走していくだけ。 達すべきところには達している、 最善の状態を超えることなく、 その維持を続けていくべき過渡期。

case.3

先へ先へと階段を上ることだけに、 気持ちを奪われないこと。 そんなに上ばかり目指すことが、 この関係のためになるのでしょうか。 相手との間には、何の問題もない。 立ち止まって、 その素晴らしい現状に目を向けることも、 大事なのではないでしょうか。