水天需

すいてんじゅ

image

待つ

case.1

待つことが鍵となるとき。 進めば困難に阻まれることになるので、 その道を行こうとする意志が本物ならば、 ここで先を急がずに、ゆっくりと待つこと。 待てば、やがて道は大いに通るようになり、 行くべき道を守り貫いて進むならば、 良い結果に通じていくことになるでしょう。 冒険的な大きなことへの挑戦も、 しっかりと待ってから決行するのであれば、 うまくいくことになるでしょう。

初爻

case.1

距離を置いて、待つことができるとき。 今は、いつも通りにしていることが大切です。 平常心で待っていれば、問題なく過ぎていくでしょう。

case.2

待っていく。 気持ちを抑えて焦らずに、 これまで通りの営みを じっと続けていく。 見通しがよくなるまで、 距離を置いて待機する段階。

case.3

待つことが大事なとき。 相手の気持ちの問題ではなく、 応じてくれるつもりでいたとしても、 何かと困難が生じやすいときなので、 焦って押しかけたりすることなく、 これまで通りの姿勢を維持すること。 今しばらくは、距離をとっておいて。

二爻

case.1

嫌な思いをすることが多少あったとしても、 泰然と待っていればよいとき。 最終的には、良い結果を得ることになるでしょう。

case.2

ゆっくり待つ。 急かされても、非難されても、 誰に何を言われても。 待った方がよい、という 自分の判断を固く信頼して、 待っているべき段階。

case.3

今は、相手には、 応じてくれる気配はなく、 迷惑に思われるかもしれないので、 近づきたくても、じっと我慢を。 最終的には、 良い関係を築くこともできそうなので、 焦らず、じっくり、待つことが大事。

三爻

case.1

困難が目前に迫っているときなので、 少しでも進めば、自ら災厄を招いてしまうことに。 じっと待って、動かないことが賢明です。

case.2

進むのが危険なところ。 不用意に足を踏み出せば、 穴に落ちるかもしれない。 ここから難所に差しかかる、 必要に応じて待つことが 功を奏していく段階。

case.3

相手が応じてくれるからと、 焦って近づき過ぎてしまうと、 困難に巻き込まれることになるかも。 他からの中傷や攻撃を招く恐れがあるので、 進み方には、注意が必要です。 荒れそうな気配があるのなら、 しばらくは、大人しく待つことが賢明。

四爻

case.1

困難の中に、既に踏み入っているとき。 傷つくことは避けられないかもしれませんが、 ここでもじっと待っていれば、やがては、 抜け出すことのできるときが来るでしょう。

case.2

穴に落ちて、負傷している。 はい上がる力がなくても、 時を待ち、じっと耐えていれば、 必ず回復し浮上する。 じたばたせずに、じっくりと傷を癒し、 動き出せるようになるまで待つ段階。

case.3

傷つくことがあったとしても、 じっと耐えて、待っていること。 相手に応じる気持ちがあったとしても、 今は、すぐには進めないときなのです。 穴に落ちたような気分かもしれませんが、 やがて時が経てば、穴から抜け出して、 手を取り合えるようになるときが来る。 そう信じて、待つことが大切です。

五爻

case.1

安らかな気持ちで、気楽に、 待っていればよいとき。 行くべき道から外れることがなければ、 良い結果に通じていくことになるでしょう。

case.2

そのときは、もうすぐ。 もう焦ることはない、 気持ちを楽にして、 余裕に身を浸していく。 待ち望んできたときの訪れを ゆったりと待っていればよい段階。

case.3

今は、相手のことは忘れて、 自分の楽しみに集中していましょう。 ここで、じたばたしても、 何も始まらない。 相手を想う気持ちがあるならば、 状況が動くときまで、 堂々と構えて、悠然と待ちましょう。 こちらの気持ちが変わらなければ、 きっと、うまくいくことになるだろうから。

上爻

case.1

待つときも終わりに近く、 思いがけない流れが押し寄せて来そうなとき。 困難に陥ってしまっていたとしても、 その流れを慎んで受け容れていけば、 最終的に、良い結果につながっていくでしょう。

case.2

もう待てない、もう待たない。 流れが変わり始め、 思わぬ動きが生じてくる。 変化に対応し、待機から始動へと 姿勢を移行させていく過渡期。

case.3

混乱に陥りやすいとき。 待ち切れなくなった相手が、 思いもよらない勢いで、 押しかけてくるかもしれません。 相手を受け容れるには、 何らかの困難を乗り越える必要が あるのかもしれないけれど、 誠意をもって対応することが大事。 最終的には、これでよかった、 と思えることになるでしょう。