艮為山

ごんいさん

image

不動

case.1

止まるべきところに止まっていれば、 問題ないとき。 身体は動いてもいいし、 行動を起こしてもいいけれど、 何かに気を取られたり、 心を動かしたりすることなく、 意識は、静謐なところに、 止まっていなくてはならない。 何事にも動じることのない、 不動の境地を保ち続けなくてはならない。 表面的なことに心を乱されないよう、 自己の本質にどっしりと根差すことが、 大事なときです。

初爻

case.1

動いてしまいそうでも、 止まることができるので、 問題ないとき。 その正しい態度を、 いつまでも保つことができるなら、 得るものがあるでしょう。

case.2

動かない。 止まるべきときであり、 どっしりと止まっていることが 何よりも必要なときだから。 心を決して動かさない、 不動の境地を保ち始めていく段階。

case.3

今は、みだりに、 心を動かすべきではありません。 相手との関係がどうあろうと、 自分の気持ちは、自分の真実の場所に、 しっかりと止めておくこと。 動いてしまいそうになっても、 決して動かさないと、誓ってください。

二爻

case.1

正しいところに止まっていても、 やむを得ず、動かされることがあって、 不愉快な思いをしやすいとき。 今は仕方ないとしても、 本来の止まるべき場所は、見失わないで。

case.2

動きたくないのに、動かざるを得ない。 止まっていたいし止めたいのに、 力が足りず、止めることができない。 心中穏やかでなく、気持ちが乱される、 平静の境地を保つことが難しい段階。

case.3

不本意な言動をとったなら、 心は何も変わっていない、と 相手に示すべきかもしれません。 表面的な態度は状況に対応させても、 相手や関係に対する心の態度は、 決して乱さず不動の境地を貫く、 その姿勢が、何より大事。

三爻

case.1

強引に止まるようなことをすれば、 無理な力がかかることになって、 引き裂かれるような痛みが出るかも。 心が不安で煽られるような、 危うさのあるときです。 平静な境地でいられないならば、 そこは、止まるべきところではない、 ということなのでは。

case.2

頑固に止まって、動きを奪う。 柔軟性がなければ崩れてしまう、 ギシギシして決裂していく、 その危険に怯えて焦燥する。 止まるべきではないところに居座り、 心中は乱れ波立ち続ける段階。

case.3

相手に固執して、 無理な関係を、貫き通そうと しているのではないでしょうか。 そのような態度をとっても、 相手の心は、動かない。 そこに居座り続けることは、 関係を、自分の心を、じわじわと、 引き裂き続けることなのでは ないでしょうか。

四爻

case.1

止まるべきところに、 止まっていられるとき。 そのまま静かな境地を保っていれば、 問題はないでしょう。

case.2

不動を保つ。 みだりに動くことなく、 自分自身をよく制し、 止まるべきところに止まる。 ふらふらすべきでないと知っている、 本質に根差すことができていく段階。

case.3

今は、静かに、大人しく、 動かずにいること。 相手が動こうとしてきても、 決して心を動かさず、 向こうも動かずにいるように、 制し止めるべき。 相手がどう出てきても、 動じてはいけません。

五爻

case.1

止まるべきところに止まり、 言葉を慎むようにするならば、 後悔することなく済むとき。 発言は、筋を通して。

case.2

言動が一貫していく。 不動の境地にあり、 口にすることを迷わず、 言葉に重みがあり迷わせない。 心が乱れることがなく、 態度にも筋が通っていく段階。

case.3

どうでもいいことは、 口に出さないこと。 自分の中に不動に存在する、 本当に大事なことだけを、 相手に伝えるべきです。 お互いに、お互いの 余計な言動に惑わされずに、 どっしりとしていられるように。

上爻

case.1

最善に、 止まることができているとき。 良い結果に通じることになるでしょう。

case.2

本質に根差している。 静謐な意識で、 何事にも動じることなく、 自分が貫くべきことを貫き通す。 丁寧に堂々と、最後まで迷いなく、 最善の道を歩み続けることのできる段階。

case.3

相手との関係は、今は、 このままにしておくのが、最善。 動かそうとすべきではなく、 どっしりと止まっているべきです。 止まるべきところに止まっているのだと、 納得して、受け容れるのが、賢明。