風山漸

ふうざんぜん

image

漸進

case.1

少しずつ、段々と、進んでいくとき。 然るべき順序を踏みながら、 段階を経て進むようにするならば、 良い結果に通じることとなるでしょう。 自分の進むべき道をきちんと守り、 着実に歩み通していくことで、 得るものがあるときです。

初爻

case.1

進むことを、ためらいやすいとき。 力がなく、危うさのあるときなので、 何か言われたり非難を浴びたりしても、 自分の段階を踏んでいくことが大切です。 自分のペースで進んで、問題なし。

case.2

自信がない。 進めと言われても うまくいくか不安で足が出ない、 進まないわけにはいかないことも よく分かっているけれど。 覚悟の一歩を踏み出して、 ためらいながら進み始めていく段階。

case.3

焦らなくて大丈夫です。 自分のレベルや段階を把握して、 自分のペースを守りましょう。 一足飛びにではなく、 踏むべき手順をしっかり踏みながら 進んでいくことが大切です。

case.4

次の段階へ進むべきなのでしょうが、 どうしても自信がないのなら、 無理はしない方がよさそう。 相手から、急かされたり、 文句を言われたりしたとしても、 自分が、行ける、と確信できるまでは、 様子を見る方がよいでしょう。

二爻

case.1

安泰なところに進めるとき。 自分の役目をしっかりと果たし、 相応しい報酬を得て、 楽しいときを過ごすことができそう。 良い結果に通じていくでしょう。

case.2

安定していく。 順調に歩みを進め、 くつろぎ楽しむ余裕が生じる。 何も心配なく落ち着いて過ごせる、 平らかな道が続いていく段階。

case.3

順調に進んでいます。 今はこの段階を楽しみましょう。 リラックスして、 美味しいごはんを食べて、 和やかな時間を過ごしましょう。

case.4

着実に進展していく関係。 安心して、仲良く、 楽しいときを共有しながら、 関係をさらに盤石なものへと、 進めていくことができるでしょう。 お互いをお互いに必要な相手として、 大切にしていって。

三爻

case.1

道を踏み外してしまいやすいので、注意。 新しい場所に進んだからといって、 道を外れたものと関わってしまったら、 失ったものは戻って来ないだろうし、 そこから何も育まれることはなく、 最悪の結果となってしまうでしょう。 問題が生じるのを防ごうとする 意識を持つとよさそう。

case.2

落ち着きを失う。 行くべきでない方に行って、 その結果を受け止めることができず、 状況が乱れ荒れていく。 強固な意志を奮い立たせ、 自分の弱さに立ち向かう必要のある段階。

case.3

今すべきことは何でしょうか。 どうでもいいことに手を出して、 無意味に時間を流していませんか。 このままでは、これまでの努力が台無し。 まだまだ先の段階まで進むことを 目指してきたのではないですか。

case.4

せっかく、ここまで、 順調に関係を進めてきたのに、 少しうまくいかないからといって、 台無しにしてよいのでしょうか。 他に道ならぬ相手と関わっても、 何のプラスにもならないし、 そこから生じるのは、問題のみ。 うまくいかないときにこそ、 ここまで育んできた関係を守るために、 立ち上がるべきなのではないでしょうか。

四爻

case.1

馴染みのないところに、進んでいくとき。 不安もあるかもしれないけれど、 そこで安定を確保することもできそう。 問題はないでしょう。

case.2

不安を乗り越えていく。 初めのうちは不安定に感じても、 だんだんと慣れていく。 順応し、落ち着きを得ていく、 新たな調和を築いていくことになる段階。

case.3

自信を持ちましょう。 新しい段階に進むときは、 不安も感じるものだけれど。 大丈夫、うまくやれる。 これまで歩んできた道のりが、 確かな支えとなるはずです。

case.4

相手に馴染めず、関係に不安を 覚えているのかもしれませんが、 そのうち、落ち着きを得られそう。 だんだんと、徐々に、 関係を進めていけばよいのだから、 心配する必要はありません。 相手も、同じように、 自信がないのかもしれないし。

五爻

case.1

高いところまで、進んでいくとき。 望む成果を生むまでには、 三年ほどかかるかもしれないけれど、 問題に打ち勝てないということは、 あり得ません。 終には、良い結果に通じるでしょう。

case.2

順調に進んでいる。 すぐに結果が出なくても、 うまくいくことは間違いないから、 時間をかけて育んでいく。 安定して取り組むことができる、 高い意識に達している段階。

case.3

どの段階まで進んでも、 課題は常にあるものです。 それは、必ず乗り越えられる課題。 克服するために与えられる課題。 これまで少しずつ積み重ねてきた力を、 大いに発揮していくための課題です。

case.4

ここまで、順調に関係を進展させて、 確実に段階を上り進めてきたのだから、 ここで多少の問題にぶつかっても、 乗り越えられないわけがない。 結果を出すまでに、 この先、三年かかったとしても、 お互いを信頼し、手を握り合って、 着実に進んでいくことができるでしょう。 だんだんと、少しずつで、大丈夫。

上爻

case.1

最終段階に進む、飛翔のとき。 残してゆく足跡も、 立派なものであるはずです。 良い結果に通じていくでしょう。

case.2

飛び立っていく。 必要な段階を踏み終えて、 素晴らしく成長した美しい姿で、 大空へと翔けていく。 この先は自由な道、 未知の可能性が開かれていく過渡期。

case.3

ようやくここまで来ましたね。 ひとつのテーマの修了となる到達点、 目的地まで辿り着きました。 さあ、羽ばたいていきましょう。 次のテーマへ、さらなる飛躍に向けて。 卒業おめでとうございます!

case.4

これまで一緒に歩んできた道は、 素晴らしいものでした。 この先には、何があるのだろう。 この関係は、ひとつの最終段階に、 到達しています。 これからは、もっと自由に、 段階という枠を超えたところに、 羽ばたいていくことになるのかな。