雷沢帰妹

らいたくきまい

image

不正な結婚

case.1

道に外れてしまいやすいとき。 相応しくない道や、 行くべきでない道を、 積極的に進むようなことをすれば、 悪い結果に通じることとなるでしょう。 踏むべきでない道を行っても、 何もうまくいくことはないし、 何も得られるものはありません。 不正な道を、無理に通そうとしないこと。

初爻

case.1

自分に相応しい道を行くのなら、 それが進みにくい道で、 かろうじて歩んでいけるような ものであったとしても、 積極的に進めば、 良い結果に通じていくでしょう。

case.2

進みにくくても進む。 難しい道で、気が乗らなくても、 進めるのはこの道しかない。 踏み出してみればうまくいく、 我慢と妥協が功を奏していく段階。

case.3

行ける道を行きましょう。 不本意でも、それが行くべき道。 自分に相応しくない道を行こうと 無理して頑張ってみても、 何もよいことはなさそうです。

case.4

相手の態度は固く、簡単には、 受け入れてもらえなさそう。 こちらが、ものすごく妥協して、 恐る恐る近寄っていくしかないかも。 一歩を踏み出すことが大事なので、 我慢して、身を低くして。

二爻

case.1

実力を発揮する場に、恵まれないとき。 自分独りでも、自分の道を信じ、 道を外れなることなく、 正しく歩み続けることが鍵。

case.2

思うように進まない。 努力しても手応えがない、 期待するのも空しいけれど、 自分の理想は決して捨てない。 苦痛でも横道にそれることなく、 自分の道を固く守り続ける段階。

case.3

無理して合わせないで。 この道を行くしかないのだとしても、 その色に染まってしまってはダメです。 自分の信念は貫きましょう。 理解されなくても、誇り高く。

case.4

自分の資質とは不釣り合いな、 物足りない相手かもしれないけれど、 引かれ合っているのだから、仕方ない。 思うように相手が応えてくれなくても、 自分が大事にしたいことを貫いて。 相手のために、自分の道を曲げないこと。

三爻

case.1

進みたくても、待つことになるとき。 理想を改めて、 分に相応しい道へと出直すことが、 必要かもしれません。

case.2

見直していく。 歩んできた道、歩もうとしている道が、 適切なものであったかどうか。 意識や態度を改め、 自分の行くべき道へと引き返していく段階。

case.3

待っているのですね。 行きたい道へと歩み出せるときを。 待ち続けますか。 他の道も考えてみますか。 今は妥協にしか思えなくても、 可能性を検討する価値はありそうです。

case.4

どんなに相手を追いかけても、 振り向いてはもらえないかもしれない。 それでも待ち続けるか、 自分に相応しい相手ではないのだと、 あきらめて出直すか。 残念ですが、かなりの譲歩を、 しなくてはならないかもしれません。

四爻

case.1

時期を外れてしまいやすいときですが、 行くべき道を行く意志が固いのであれば、 遅くなったとしても、 やがて機会が到来するでしょう。

case.2

待っていく。 時機を逃すことになったとしても、 軽々しく踏み出すことはしない、 遅れることを恐れない。 最善の道が見えるまで待機する、 行くべき道を慎重に見極めていく段階。

case.3

その姿勢が最善です。 行くべき道をじっくり見極める。 焦って不適な道に入り込むことなく、 確実に適する道が現れるのを待つ。 時間をかけるのが正解です。

case.4

自分の意に沿う相手ではないのなら、 きっぱり断って大丈夫。 理想の相手に出会うまでには、 まだまだ待たなくてはならないとしても、 自分を曲げない方がよいでしょう。 時機を逃すことを恐れずに、 いつかきっと、理想に適う相手が 現れることを信じて。

五爻

case.1

行くべき道が、示されるとき。 外側を飾り立てることをしなくても、 内に備わるものの美しさは、 自ずから輝くこととなるでしょう。 良い結果に通じていくとき。

case.2

導かれていく。 準備が整い、進むべき道が輝き出す、 見かけがどうあろうとも、 その素晴らしさは伝わっていく。 謙虚に、自然に、 自分の道を歩み出していく段階。

case.3

もうすぐです。 行くべき道が現れてくる。 表面的なことに惑わされず、 誤った道を選ばずにここまで来た、 その徳、内面の美しい姿勢が、 最善の道を開こうとしています。

case.4

もうすぐ、きっと、うまくいく。 他の人に比べて、 自分が見劣りするように感じても、 相手にとって、あなたは、 光り輝く人。 もう間もなく、結ばれるでしょう。

上爻

case.1

うまくいかない前兆があるのなら、 行くべき道ではないということかも。 実のなさそうな道を通そうとしても、 何も得られるものはないので、 見切りをつけて。

case.2

あるはずのものがなく、 なるべきようになっていかない、 嫌な予感を振り払って 進み続けることなどできるのか。 無理な道を通すことをあきらめる、 出直しを迫られていく過渡期。

case.3

分かっていますよね。 間違った道を行こうとしている。 行ってはいけない、行くべきではないと、 直感が何度も告げていますよね。 違うものは違う、無理なものは無理。 直視するしかないのではないでしょうか。

case.4

相手との約束は、 おそらく、成立しない。 相手に誠実さが欠けると感じたなら、 その直感を、大切にすべき。 うまくいきそうもないことは、 うまくいくはずがない。 現実を、直視してください。