雷火豊

らいかほう

image

真昼

case.1

豊かで盛大な、頂点にあるようなとき。 道は、通じていくでしょう。 天頂にある太陽のように、 最盛の状態に至ることができたのは、 そこを目指せる力があってこそ。 手にしたもの全てを、 明るく照らすことができるときなので、 心配する必要はありません。

初爻

case.1

自分の役割を果たせるとき。 自分の力が強すぎるように感じても、 度を超すことがなければ、 問題はないでしょう。 積極的に進めば、尊重されそう。

case.2

必要とされていく。 漲っている盛んな力を 少しも抑える必要はなく、 十分に全てを発揮し輝いていく。 力を尽くす場が与えられていく、 精力的に進むことのできる段階。

case.3

前途は明るく有望です。 自信を持って積極的に進みましょう。 自分をすごくパワフルに感じませんか。 今がその盛り、まだ陰る心配は要りません。 このときを有益に過ごしましょう。

case.4

相手の力になりたいなら、 積極的に働きかけてみれば、 喜んでもらえそう。 お互いに気が強いから、 ぶつかり合うこともあるだろうけれど、 尊重し合って、力を合わせて、 一緒にやっていける相手です。

二爻

case.1

濃い影のあるとき。 真っ暗な闇の中を、 積極的に進むようなことをすれば、 疑われ憎まれることになりそう。 影を払い、闇に光をもたらすべく、 誠意を尽くすようにするならば、 良い結果に通じるでしょう。

case.2

拒否される。 信じてもらえず疎まれて、 避けられて閉じられて、 それでも、信念を貫いていく。 誠実に可能性を開いていく、 強い意志が輝きを放っていく段階。

case.3

明るいところに居ると、 闇がくっきりと見えますね。 その暗い影を、そのままにして 進んではいけません。 隅々まで光で照らしましょう。 本気で真剣に、誠実に。

case.4

相手はとても暗いところにいて、 疑い深くなっているようだから、 安易に近づくようなことをすれば、 憎まれてしまうだけかも。 相手の心に光を届けたいならば、 ただひたすら、誠意を尽くすのみ。 あなたなら、きっと、できる。

三爻

case.1

暗黒の闇に、覆われてしまいそうなとき。 力を振るうことが難しくなりそうですが、 自分に問題があるわけではありません。 光で照らそうとする姿勢を貫いて。

case.2

光が見えない。 暗いところに閉じ込められ、 自分の力を封じられて、 可能性に蓋をされる。 輝きは決して衰えていない、 闇の中でも信念を貫いていく段階。

case.3

深い闇があるようですね。 明るく照らそうとしても叶わず、 挫折感を覚えてしまう。 これが今の実力の限界かもしれない。 輝くばかりの豊かな力をもってしても、 仕方のないことなのかもしれません。

case.4

相手と一緒にいると、 闇がどんどん深まっていく。 それでも引かれ合い、 見捨てることのできない相手。 相手のために何もできず、 無力感を覚えるかもしれないけれど、 あなたに、光をもたらす力が ないわけではない。 今は、相手が、暗すぎる。

四爻

case.1

濃い影のあるとき。 同じ光を持つものと力を合わせて、 明るさをもたらそうとするならば、 良い結果に通じるでしょう。

case.2

求めていく。 闇を払って、明るく照らしていくために、 光を集め、輝く力を増していく。 暗い中でもあきらめず動き、 可能性を開くために尽力していく段階。

case.3

影が目につきますね。 そこを明るくしたい。 自分の力に限界があるのなら、 力を合わせられるものを探しましょう。 もっともっと強力で盛大な光で、 隅々まで照らすことができるように。

case.4

相手の力を借りれば、 暗くなっている状況を、 明るく照らすことができる。 同じ目的のために協力して、 現状を打開していけるでしょう。 相手の実力は、 自分と同等以上と考えて、 侮らず、尊重していくこと。

五爻

case.1

聡明さや美徳という輝きを、 身につけることができたならば、 幸福や栄誉を得ることになり、 良い結果に通じていくでしょう。 賢明な努力を。

case.2

強い輝きを放っていく。 盛大な力を誇りながらも、 謙虚に、学び研鑚する姿勢を怠らない。 慢心してしまえば転落する、 頂点を極めようとしている段階。

case.3

智慧が光となります。 智慧を得ることで光は盛大となり、 益々に明るく輝いていく。 闇を払い、影を、暗い部分を、 智慧なる光で照らしましょう。

case.4

相手に認めてもらいたいならば、 懸命な努力が必要。 自己の愚かさを認めずに、 高慢な態度をとっているようでは、 決して、振り向いてはもらえません。 謙虚に、清廉に、聡明な徳を修めて。

上爻

case.1

尊大な態度で、 自らを闇に封じてしまえば、 三年は孤立することになり、 結果は最悪となるでしょう。 盛大なときだからと、 愚かさを盛大にしてしまわないこと。

case.2

闇が深まっていく。 頂点に居続けることはできない、 しがみつけばしがみつくほど、 可能性は閉ざされ暗くなる。 光を求めなくてはならない、 愚かさを自覚していく過渡期。

case.3

光を避けているようですね。 まぶし過ぎると感じているのでしょうか。 暗いところでじっとしている方が、 ほっとするときもありますね。 いつかそこを出て明るい側に立ったとき、 そこがどのぐらい暗かったのか、 びっくりするかもしれません。

case.4

あなたが明るいところに出てくるのを、 相手は待っていてくれているのに。 自分から、暗いところへ閉じこもって、 さらに闇を深くしていくようでは、 相手との関係にも、影が差す。 相手を失ってしまう前に、 勇気を出して、相手の手をとって、 一緒に、明るい方へ向かってみませんか。