火山旅

かざんりょ

image

旅をする

case.1

旅をするように、移り行くとき。 心身が落ち着かず、 不安定なときではありますが、 少しずつであれば、道は通っていくでしょう。 旅のときだからと、はめを外さず、 道を踏み外さないことが大事。 行くべき道を着実に辿り続けていくならば、 良い結果に通じることになるでしょう。

初爻

case.1

旅の始めにあり、 気が落ち着かないとき。 不安定な中で、 ゆとりのない態度でいては、 自ら災いを手招きするようなもの。 もう少し、心に余裕を。

case.2

余裕がない。 先行きが不安で、 気が小さく尖っていく。 不安定な旅に出立していく、 どこか心配で危なっかしい段階。

case.3

相手との関係の旅は、今が始まり。 この先がどうなるのか、 落ち着かない気分かもしれないけれど、 不安になってばかりいても、仕方がない。 これから一緒に歩んでいこう、という お互いの意志は一致しているのだから、 出発したならば、旅を楽しんで。

二爻

case.1

安心して進み続けるために、 必要なものが全てそろっていて、 ほっとできるとき。 心強く、この先も歩んでいけそう。

case.2

好調な旅をしていく。 何も不自由はなくて、 気持ちにも余裕があって、 得るものも多い旅。 安心して羽を伸ばしていく段階。

case.3

相手も、自分も、旅をしている。 今は、別々の道程にあったとしても、 何も心配する必要はありません。 相手の旅も、自分の旅も、順調。 安心して、自分の道を進んでください。

三爻

case.1

気が休まることがなく、 何かを失う恐れもあるとき。 正しい道を歩んでいても、 危険なときなので、 強気な態度に出ないこと。

case.2

休めない。 トラブルに巻き込まれ、 追い打ちをかけられ、 居場所が失われていく。 危うさや不安定さを自覚して、 普段以上に気を遣う必要のある段階。

case.3

相手との関係は、道半ば。 なのに、ここでもう、 相手を失ってしまうかもしれない。 相手は、自分の所有物ではありません。 傲慢な態度を取り続けていれば、 関係は心地よいものではなくなって、 相手に逃げられるようなことになるかも。

四爻

case.1

不自由なく落ち着ける場所を、 得られるときですが、 快適とはいえなさそう。 本来の目的の地でないならば、 まだ旅を続ける必要があるかも。

case.2

旅の途中。 このままここに居ついて 生活を営んでいくこともできるけれど、 気持ちはそれで満足できない。 旅を終わらせてはならない段階。

case.3

相手から少し離れてみて、 他に良さそうな居場所をみつけても、 そこが本当に自分にしっくりくるとは、 きっと、思えないでしょう。 やっぱり、一緒に歩むべき相手は、 この相手でしかあり得ないだろうし、 この相手と一緒に歩むことをやめよう、 などとは、思えないのではないでしょうか。

五爻

case.1

途中で、多少の損失はあったとしても、 最終的には、目的を果たせそう。 栄誉を手にすることができるでしょう。

case.2

成功していく。 道中で失うものがあっても、 それによって得るものの方が ずっと重要で大きい。 立派に目的を果たしていく、 旅の終わりが近づいている段階。

case.3

相手も、自分も、旅をしていて、 今は、別々の道程を歩んでいる。 この旅は、お互いにとって、 きっと、成功です。 この旅の道中に、この旅の果てに、 何か失うものがあったとしても、 最終的に得るものの方が、大きい。

上爻

case.1

傲慢な態度でいれば、 戻るべき場所を失うことに。 いい気になって笑っていても、 後に、泣き叫ぶことになるでしょう。 謙虚さを失ってしまえば、 最悪の結果となってしまいそう。 最後まで、気を引き締めて。

case.2

帰れない。 以前とは変わってしまった、 たとえ成功したのだとしても、 本来の素直な自分が失われていく。 謙虚に自分の姿を振り返り、 大事なものを取り返す必要のある過渡期。

case.3

相手と共に続けてきた旅は、 もう、終わりに近い。 やっと、もうすぐ落ち着ける。 喜ばしいことではあっても、 ここで、ほっとして気を抜いて、 相手に傲慢な態度をとってしまえば、 結末は、悲惨なものとなるでしょう。 関係が辿り着く場所が、 安住の地であるのかどうかは、 最後まで分かりません。