兌為沢

だいたく

image

喜び笑う

case.1

喜びがあり、喜ばせ、喜ばれるとき。 喜びが広がっていくように、 道は、通じていくことになるでしょう。 喜ばせることが鍵となるときですが、 媚びて、喜ばれるなら何でもすればよい、 などとは思わないこと。 行くべき道を外れることなく、 真の喜びに通じる道を、真っ直ぐに、 歩み続けるようにするならば、 得るものがあるでしょう。

初爻

case.1

下心なく、媚びることなく、 純粋な喜びがもたらされるとき。 良い結果に通じていくでしょう。

case.2

喜びが広がっていく。 不純なものは何もなくて、 喜んで、喜ばせて、喜び合って、 笑顔が道を開いていく。 素直な気持ちで進んでいける、 うれしい結果に通じている段階。

case.3

一緒に笑えるといいですね。 心の底から喜びが湧き上がってきて、 自然と笑顔がこぼれるように。 欲や打算に左右されることなく、 感情に引きずられることなく、 喜ばしい状況になることを願って。

case.4

変にべたべたすることなく、 さっぱりと付き合える、 しがらみのない関係。 楽しい時間を共有することを、 純粋に喜び、心置きなく、 笑い合える相手。 大切にしたい関係であり、 貴重な相手です。

二爻

case.1

誠意によって、 真の喜びがもたらされるとき。 良い結果に通じ、 悔いもなくなるでしょう。

case.2

心から喜ぶ。 誠意があって、信念があって、 真実を求め続けているから、 本当の喜びを得ていく。 多少のことは気にしない、 芯にある喜びを貫いていく段階。

case.3

喜んでほしいですね。 本当に幸せになってほしい、 心から笑顔になってほしい。 その真心が伝わるといいですね。 一緒に笑い合うことができれば、 きっと他のことはどうでもよくなる。

case.4

相手を喜ばせたい、 という、その真心が大事。 相手には、多少、 警戒心があるかもしれないけれど、 誠意は、ちゃんと伝わる。 相手を喜ばせ、自分も喜ぶ、 笑顔の広がる瞬間が、 きっと、訪れる。

三爻

case.1

不正な喜びを求めれば、 結果は悪いものとなるでしょう。 本来の喜びが得られないからと、 道を外れないこと。

case.2

堕落していく。 真実ではない喜び、 本当には必要のない喜びを求めて、 自分を貶めていく。 悦楽に溺れやすい、 誘惑や弱さを断ち切る必要のある段階。

case.3

楽しくなさそう。 笑顔が歪んで見えます。 愛想笑いを振りまいて、 うれしそうに媚びを売って。 そんなことがしたいわけではないと、 分かっているのですよね。

case.4

どうでもいい相手に、 媚びへつらうようなことをして、 上辺だけの喜びを得ようと していないでしょうか。 相手も、こちらの機嫌を とってくるかもしれないけれど、 それに応えることに、意味があるのか。 お互いに、実際のところは、 お互いを必要としていないのに。

四爻

case.1

何が真の喜びであるのか、 考えたり迷ったりしやすく、 心が定まりにくいとき。 悩むことがあっても、 不要なものをきっぱり退け、 喜びを得られるようになりそう。

case.2

誘惑に打ち克つ。 心迷うことがあっても、 自分の真の喜びに通じる道を 間違いなく選んでいく。 悩みや葛藤を乗り越えて、 笑顔で行くべき道に踏み出していく段階。

case.3

よかった、笑顔が戻りましたね。 まだ迷っているのかもしれないけれど、 よく考えて適切な判断をしました。 もう毅然としていましょう。 自分にとっての喜びとなる道を、 自分で選ぶことができたのです。

case.4

相手とは、余計な気を遣うことなく、 心から真の喜びを共有できる関係。 他に、誰かに心をくすぐられても、 それとこれとは別の話、 両者を天秤にかけたりはしないこと。 この相手、この関係でしか得られない、 かけがえのない喜びがあるのだから。

五爻

case.1

喜ばせようとしてくるものを 信じるのは、危険なとき。 自分は騙されないだろう、 という過信に注意。

case.2

気を引きしめていく。 安易な喜びに気を許せば、 自分にとっての真の喜びを見失って、 道を壊してしまうかもしれない。 小さなきっかけが危ない、 自分の行くべき道を守るために 細心の注意が必要な段階。

case.3

気を抜かないで。 うれしい言葉に惑わされて、 うっかり変な道に入るかもしれない。 自分は大丈夫だという自信が危ないのです。 喜ばされて、ついつい喜んでしまう。 笑顔に気を緩めてはいけません。

case.4

相手の真意が分かるまでは、 どんなに喜ばせようとしてきても、 安易に信じ切ってしまわないこと。 受け容れてあげようという、 こちらの誠意を踏みにじられないように、 注意が必要です。 向こうにも誠意があるのか、 きちんと確かめて。

上爻

case.1

喜びを引き込もうと、 努力するようなときですが、 そうすることによって、 真の喜びがもたらされるかどうかは、 自分で答えを見極めることが必要かも。

case.2

楽しい雰囲気を演出して、 笑顔で場を満たしているようでも、 その喜びが本物かどうかは分からない。 それだけでいいのか、 もっと他に何かが必要なのか、 自分の心の奥と対話していくべき過渡期。

case.3

喜んでくれるといいですね。 楽しんで笑い合いたいですね。 先にあるものは分からないけれど、 とにかく今はそうしたいのだから、 自分がうれしくなる道を進んで、 心からの笑顔を広げていきましょう。

case.4

相手を喜ばせ、 自分の側に引き入れようとしても、 どうなるかは分からない。 調子のいい対応をしてきても、 信用してよいのかどうかは、 見極める必要があるでしょう。 こちらも相手も上辺だけ、 などとなってしまわないように。