風水渙

ふうすいかん

image

波を散らす

case.1

まとわりつくものを蹴散らし、 割り進んでいけるとき。 道は、通っていくでしょう。 気が散りやすいときでもありますが、 信念のために力を結集させること。 冒険的な大きなことに挑戦しても、 うまくいくことになるでしょう。 行くべき道を貫き通していけば、 得るもののあるときです。

初爻

case.1

弱気に気を散らされそうでも、 強気な部分に引っ張って もらうようにすれば、 良い結果に通じていきそう。 一気に駆け抜けるように。

case.2

勢いで乗り切っていく。 ばらばらに飛び散りそうになっても、 ぐっとつかまえて押さえ込んで、 行くべき道へ駆けこんでいく。 手遅れにならないように、 集中して颯爽と行動していく段階。

case.3

相手が離れかけているなら、 急いで、追いかけて。 相手の抱える悩みや不満を、 蹴散らすぐらいの意気込みで。 どうすれば、再び、 一緒にやっていけるのか、 力を合わせて、考えて。

二爻

case.1

気の散りやすい中で、 落ち着ける場所に辿り着けるとき。 安定を得て、悔いもなくなるでしょう。

case.2

駆け寄っていく。 散り散りにならないように、 安定して身を収められるところへ 一心に跳びこんでいく。 目的をしっかりと定めて、 行くべき道を疾走していく段階。

case.3

相手とは離散状態かもしれないけれど、 それはそれで、安定している関係。 相手は、自分のすべきことに、 必死で取り組んでいるようだし、 それぞれが、各々のやるべきことに、 集中すべきときだということ。 相手や関係に、気を散らされずに。

三爻

case.1

私情や雑念を散らし、 目的に集中することができるとき。 悔いのないように、過ごせるでしょう。

case.2

悩まない。 自分のことばかり考えるのをやめて、 より大きな目的のために、 力を結集させていく。 煩わしい思念を蹴散らして、 行くべき道を集中して進んでいく段階。

case.3

散り散りにならないためには、 自分の悩みは蹴散らして、 相手のために、尽くすこと。 この関係を救うためには、 独りで鬱々としていないで、 一緒に問題に立ち向かって、 割り進んでいくこと。 気持ちは、同じはずだから。

四爻

case.1

私的なものや小さなものをを解散させて、 より大きな目的に向かっていくとき。 最善であり、良い結果に通じるでしょう。 その行動は、一般には、 理解され難いものなのかもしれないけれど。

case.2

関わり築いてきたものを解散して、 新たな一歩を踏み出していく。 小さな繋がりを切った方が、 より大きくまとまることができる。 凡庸な発想に囚われずに、 高い理想を追って出帆していく段階。

case.3

自分にとって、他に、 より大切なことがあるのなら、 この関係は、解散しても構わない。 相手や周囲には 理解してもらえなくても、 それが、自分の行くべき道ならば。 すっきりさせて、前へ進んで。

五爻

case.1

取り消すことのできない 絶対的な決定を下すべきとき。 力を尽くすために、 蓄積してきたものを散ずることになっても、 問題はないでしょう。 大きな目的のために、不屈の覚悟で。

case.2

発動していく。 目的に身を投じ、全てを賭けて、 後戻りできない道を歩み出していく。 反対や迷いを散らして割り進む、 強い意志で決定を貫き通していく段階。

case.3

一度、離れると決めたら、 もう撤回することはできない。 その覚悟が必要だけれども、 今は、それが、正しいのかも。 離れることが、 お互いのためになるのなら、 決断を下して、関係の解散を。

上爻

case.1

自分を害するものが、散っていくとき。 難ある場所から去り、 遠くへ出ていくようにすれば、 問題はないでしょう。

case.2

苦痛が去っていく。 もう迷わない、もう悩まない、 鬱々としていた気配を振り払って、 勢いよく発進していく。 すぐに遠ざかっていく、 憂いを換散させていく過渡期。

case.3

相手との関係について、 心を痛めることは、もうない。 悩みは散っていき、 傷つけ合った過去は、 どんどん遠くなっていく。 鬱屈した空気を蹴散らして、 お互いの手を取り合って、 新しい船出のときを、迎えて。