水沢節

すいたくせつ

image

節度

case.1

節度を知り、限度を過ぎないことが、 鍵となるとき。 ほどよく節するようにしていけば、 道は、通っていくでしょう。 ただし、窮屈で苦しいほどの節制を、 固守しようとはしないこと。 節するということについても、 度を外れないでいることが大事です。

初爻

case.1

進みたい気持ちを節して、 自ら止まることができるので、 問題ないとき。 慎重に、時機を見極めましょう。

case.2

節度を保っていく。 進むこともできるけれど、 そうすることが適切ではないから、 進むことを望まない。 必要以上のことをせずに、 ほどよく止まっているべき段階。

case.3

気持ちは応じ合っているようですが、 相手に対して、がつがつしないこと。 向こうは、現状ぐらいの関係が、 丁度よいと思っているかもしれない。 その時々で、適度な関係であるように、 自分を制しながら、付き合って。

二爻

case.1

過度に自分を節してしまうと、 行動に出ることができなくなりそう。 時機を外してしまえば、 悪い結果となってしまうので、 積極性を抑え過ぎないで。

case.2

抑え過ぎてしまう。 進むことが必要なのに、 行き過ぎではないかと恐れて、 進むことを止めてしまう。 適切に進まなくてはならない、 ほどよく行動することが必要な段階。

case.3

相手にその気がなさそうだからと、 いつまでも行動を起こさずにいては、 どうにもならない。 待ちの姿勢が度を超さないうちに、 適度な積極性を見せた方がよさそう。 自分を抑えてばかりいることは、 賢明ではありません。

三爻

case.1

節度を保つことができなければ、 自分が嘆くことになるだけ。 自分の弱さが原因であり、 責任は自分以外にありません。 意志強く、節制を。

case.2

節度を保てない。 自分で歯止めをかけなければ、 行き過ぎて空回りして、 手を付けられなくなっていく。 制御できるのは自分だけ、 加減を調整する必要のある段階。

case.3

だらしない姿ばかり見せていては、 相手に軽蔑されるだけ。 保つべき節度を保てなければ、 関係は成り立たないし、 関係が破たんしているならば、 それは、完全に、こちらの責任。 相手の考え方が非常に厳しくて、 窮屈過ぎるのかもしれないけれど、 こちらも、自分に甘くなり過ぎです。

四爻

case.1

無理なく、自然体で、 節していくことができるとき。 安らかに、道が通じていくでしょう。

case.2

ほどよく進む。 自然と調整ができていて、 心地よく穏やかに落ち着いて、 適切なペースで歩むことができる。 相応しい道が適度に開けていく、 良好な態度を維持できる段階。

case.3

ほどよい関係を築ける相手。 お互いに自ら節度を守って、 気持ちよく、ほっとできる関係を、 維持していくことができそう。 心地よく引き締まった、 お互いに無理のない関係を、 大切にしてください。

五爻

case.1

よく節することができていて、 良い結果に通じていくとき。 積極的に進んでいけば、 尊敬をもって受け入れられる ことになるでしょう。

case.2

節度が常に保たれている。 そのままで全てがほどよく、 適切で気持ちよく最善で、 その姿は尊敬に値する。 素晴らしい態度で、相応しく、 行くべき道を進んでいる段階。

case.3

相手に対する姿勢は、 今のままで、適切です。 自分が善く節度を守り、 気持ちのよい態度で接していれば、 相手も、きっと感化されて、 同じようにきちんとしていたい、 と思うはず。 これまで通りで、大丈夫です。

上爻

case.1

苦しむほどの極端な節制を続けても、 結果は悪いものにしかなりません。 後悔することにならないように、 節度ということを考え直して。

case.2

窮屈で進めない。 不自然で過度な制限を課して、 苦しくてつらいのに無理をして、 適切な歩みを乱していく。 ほどよくなければならない、 自己管理の見直しが促される過渡期。

case.3

相手のために、 自分を抑えて抑えて抑えて、 苦しい。 そんな関係は、すぐに行き詰まる。 そこまでの無理を しなくてはならない相手と、 一緒にいることが、適切でしょうか。 まずはひとつ、 抑えてきた部分の自分を、 解放してあげてみて。