雷山小過

らいざんしょうか

image

消極

case.1

小さい方に、過ぎるとき。 上を目指したり、大きなことをしたり、 積極に出るべきときではありません。 下に降りたり、小さなことをしたり、 消極の方に向かっていくならば、 道は、通っていくでしょう。 小に過ぎるようであっても、 行くべき道を貫き歩み続ければ、 得られるものがあり、 大いに良い結果に通じるでしょう。

初爻

case.1

飛び立ちたい気持ちが騒いでも、我慢を。 上を目指そうとしてしまえば、 悪い結果につながることになるでしょう。

case.2

消極策をとっていく。 上に行きたくても、 もっと大きくしたくても、 積極的に進みたくても。 控えめであるように努めていく、 引き算が功を奏していく段階。

case.3

引かれ合っている相手ですが、 今は、積極的になってはダメ。 相手に向かっていっても、 なんとなく通り過ぎるだけで、 終わってしまいそう。 しばらくの間は、 消極的に過ぎるぐらいに、 大人しくしていて。

二爻

case.1

目指すべきものを、 通り過ぎてしまったようでも、 小さい方に行き着いたのであれば、 問題はありません。 そこで出来ることをして。

case.2

目指したものよりも 少し下ぐらいのところに 落ち着くのが丁度いい。 もっと上をと思わずに、 予定外の小さなマイナスを 受け容れていく段階。

case.3

相手を求めて進んでいっても、 何かとうまくやり過ごされて、 目指していたのとは違うところに、 行き着くようなことになるかも。 相手は、対等なパートナーよりも、 自分の下で補佐してくれる人を、 求めているのかもしれません。 消極策も、悪くはなさそう。

三爻

case.1

積極性を出してしまえば、 自滅するだけ。 凶運を自分で招き、 最悪の結果となるでしょう。 静かにやり過ごすことを考えて。

case.2

積極性は禁物。 攻めてしまえば、 執拗に撃ち落とされる。 やり過ぎなぐらいに、 守って防いで身を潜めて、 じっと動かずにいるべき段階。

case.3

相手と一緒になって、 大きなことに乗り出せば、 確実に、共倒れ。 相手の主張を通さずに、 何がなんでも、強引にでも、 相手を、踏み止まらせるべき。 消極的過ぎると非難されても、 頑として、消極性を貫いて。

四爻

case.1

静かにやり過ごせないことが あるかもしれませんが、 それはそれで問題ないとき。 ただし、積極的に進むようなことは、 危険なので、必ず自戒すること。 いつまでも同じ態度を守ればよい、 というわけではないことも、 心に留めておいて。

case.2

柔軟にやり過ごす。 のらりくらりと、 引き気味に避けてかわして、 自分からは何も主導しない。 危ういところを抜けていく、 消極的な対応をとるべき段階。

case.3

相手の求めに応じたい、 と思っても、今は、 これ以上は、進まないこと。 いつか、必ず、関係を 積極的に進めるべきときが、 やって来る。 そのときまでは、消極的に、 なんとか相手をやり過ごして。

五爻

case.1

何かが起こりそうな気配があっても、 実際には何も起こらないかも。 起こすために必要な積極性は、 封じられているようなときなので、 何か助けになるものはないか、 下の方を探してみて。

case.2

何もなく過ぎていく。 何かをしたいと思って、 多少の何かをしてみても、 ほとんど足しにならない。 もう少しのところにいるけれど、 もう少しをどうにもできない段階。

case.3

何かが起こりそうで、 何も起きない関係。 お互いに消極的で、 この相手と一緒にいても、 たいしたことはできない。 相手は、多少、こちらを 助けてくれるかもしれないけれど、 だからどうということもなく。

上爻

case.1

高く昇っていくことは、 凶運を招くこと。 上を目指すべきではないときに、 飛び立つようなことをすれば、 撃ち落とされたとしても、 自分で引き起こした災いです。 下方に向かうべき。

case.2

自滅していく。 小さく低く下っていくべきときに、 大きく高く上っていこうとして。 引いて減らしてマイナスにして、 積極性を抑え自制することを 促されていく過渡期。

case.3

積極的に向かっていっても、 相手には、やり過ごされる。 強引に進み続ければ、 自分の手で、関係を壊すことに。 大人しくしていれば、 何も問題はないはずなのだから、 しばらくは、相手にならって、 静かにしていて。