水火既済

すいかきせい

image

完成

case.1

完成した状態にあるとき。 小さなことであれば、少しは、 さらに道を通すこともできるでしょう。 ここまで既に通してきた道を外れずに、 保守することが鍵となるとき。 最初のうちは、良い結果を享受できても、 次第に状況は乱れていくことになります。 安定はいつまでも続かないことを、 予測に入れておきましょう。

初爻

case.1

何かを成そうとしているなら、 とにかく慎重に。 うまくいかないと思ったら、 引き返すようにすれば、 問題ないでしょう。

case.2

既に完成している。 この先は賢明に、 進むべきではないという 警告のサインを見落とさないこと。 これ以上を軽々しく目指さない、 安全第一の姿勢でいるべき段階。

case.3

もっと挑戦しますか。 さらに新しい何かを目指して。 でも、戻るべきですね。 これ以上は先へ進むべきではない。 既に成し遂げたこと、既に手にしているものを、 大事にすべきだと分かっているようですね。

case.4

関係は、既に出来上がっていますが、 ここからを、慎重に。 これ以上、進むべきではないと感じたら、 素直に、引き留まることが大切です。 相手も、関係が傾くことのないように、 入念に気を配っておきたいようだから。

二爻

case.1

進みたくても、 進めない状況にあるようなとき。 時が巡れば、機会は到来するので、 今は焦らなくても大丈夫。

case.2

進めなくなる。 進めない事情が生じるのは、 進む必要がなく、 現状を維持すべきというサイン。 自然と進めるようになるときを 無理せずに待つべき段階。

case.3

動けなくなりましたね。 もっと進む力はあるのだけど。 とりあえず今は、 現状のこの状態で完成しているともいえる。 またさらに先へ進めるべきときが来れば、 自然と動けるようになるでしょう。

case.4

関係は、既に成立しているので、 自分から動けない状況にあっても、 心配しないで。 良くないときがあったとしても、 良くなるときも、また巡ってくる。 特に何かをしなくてはならないことは、 ありません。

三爻

case.1

次の目的に向かうのであれば、 長い道のりになる覚悟を。 その勝利は、三年の戦いの後に、 手にすることになるかもしれません。 結果として、何をどうするかは、 一時の判断に拠るのではなく、 その先のことまで、よく考慮して。

case.2

気長に進む。 達成が確実なようでも、 すぐには目的を遂げられない、 長期的に挑んで完成させていく。 見えているゴールへと 時間をかけて歩みを進めていく段階。

case.3

長い闘いになりますね。 少しずつ進んでいくしかありません。 忍耐強く、長期的な見通しを立てましょう。 そのときにうまくいっているからと、 甘い判断はしない方が賢明です。

case.4

完成しているも同然の関係ですが、 本当に完成したといえるまでには、 あと三年ほど、一緒に 苦労する必要があるのかも。 その道は、危険だったり、 大変なものかもしれないけれど、 目的を遂げるであろうことは、 既に、保証されたようなもの。

四爻

case.1

危険を予測して、念入りに、 対策を練っておくことが大事なとき。 警戒を常に怠らないこと。

case.2

警戒していく。 今は順調でも、 この先に何が起こるかは分からない、 慎重に気を配って準備する。 負の可能性も十分に考慮して、 予防策を講じておくべき段階。

case.3

気を抜けませんね。 用意周到にリスク対策を行って、 注意深く進めていくしかない。 今は大丈夫で安心なようでも、 いつどうなるか分からない。 そんなところを渡っています。

case.4

既に、出来上がっている関係。 だからこそ、この先も安泰であるように、 少しのほころびも見逃さないための、 警戒や努力が大切。 相手と一緒に、気を引き締めて、 慎重に、進んでいきましょう。

五爻

case.1

成し遂げたことに満足して、 驕りが出やすいとき。 初心の誠意を取り戻すならば、 本当の意味の幸福を、 受け取ることができるでしょう。

case.2

新たなスタート。 完成した形の維持に 空しい心を配っているより、 真の情熱を捧げられることを 大事にした方がいい。 本当の幸せについて考え直していく段階。

case.3

大事なことは何でしょう。 出来上がった形に慣れ切ってしまって、 そこに込められた意味を忘れていませんか。 思い出してください。 新しく見出してください。 何のために、それを行うのか。

case.4

既に、成立している関係。 だからといって、 関係の形ばかり整えて、 中身が空虚になってしまったら、 何にもならない。 真に幸福な関係を続けるために、 お互いを想い合う気持ちを、 いつまでも大切に。

上爻

case.1

大きなことを成そうとすれば、 大失敗につながりそう。 危険なので、踏み止まって。

case.2

沈んでいく。 これまでの形のままでは、 この先へ進むことは出来ない。 次の一歩を踏み出すためには 何をどうすべきなのか、 真剣に考える必要のある過渡期。

case.3

もう保てないかもしれないですね。 完成させたことで満足してしまったから、 大事に守っていくことができなかった。 もう少し気を配れるとよかったですね。 今さら遅いかもしれないけれど。 新しい挑戦への教訓にしていきましょう。

case.4

既に完成している関係なので、 ここから大きく何かを動かすことは、 しない方が、無難。 完成させることよりも、 持続させることの方が、難しい。 関係が危うくなりかけていると 感じ始めたら、すぐに、 元の場所に、引き戻るようにすること。