火水未済

かすいびせい

image

未完成

case.1

未完成の状態にあるとき。 道は、まだこれから、この先に、 通っていくことになるでしょう。 何かを成そうとしても、 あともう少し、というところで、 成し遂げることができないとき。 現状では、 何も得られるものはないでしょう。 まだまだ、ここから、です。

初爻

case.1

何かを成そうと試みても、 失敗してしまいそう。 現状や実力を無視した態度は、 恥ずべきです。

case.2

まだ進めない。 力もないし、時機でもないし、 全ては、まだまだこれから。 焦ってもうまくはいかない、 無心で道に臨むことが大事な段階。

case.3

気長にいきましょう。 ちょっと試してみてもいいけど、 まだまだほど遠いなと思い知るはずです。 足りませんね、色々と。 全てはこれから、ここからが始まり。

case.4

引かれ合っている相手ですが、 関係は、まだまだこれから。 焦って、進展させようとすれば、 失敗して、恥をかくことになるかも。 お互いに、時間をかけて努力し、 関係を成長させていくことが必要です。

二爻

case.1

分をわきまえて、 進めそうな状況にあっても、 自分で止まることができるとき。 そのような態度は正しく、 良い結果に通じることになるでしょう。

case.2

まだ進まない。 進む力はあっても、 まだそのときでなければ、 自分から引き留まる。 状況をよく見て自制していく、 堅実な態度で道に臨んでいる段階。

case.3

まだですね。 進むときではない。 進めるときではありません。 その判断を尊重しましょう。 どんなに自信があったとしても、 最後までは歩が及びません。

case.4

まだまだこれからの関係ですが、 お互いに、賢明な態度で、 関係を育んでいくことができそう。 お互いの状況をよく確かめて、 進めるべきではないと思うときは、 自分を制し、踏み止まって。

三爻

case.1

まだ成し遂げる力はないので、 積極的に進んでしまえば、 結果は悪いものとなるでしょう。 冒険的な大きなことに挑戦しよう、 という志を抱くには、よいとき。

case.2

成し遂げられない。 進んだところで 良い結果は期待できないけれど、 ここであきらめても仕方がない。 今は無理でもいつかのために、 大志を掲げて挑戦を続けていく段階。

case.3

まだまだです。 最後までは進めない。 でも、そんなに弱腰にはならないで。 挑戦をあきらめてはいけません。 先を焦らずに、慎重に、我慢強く、 一歩を進め続けましょう。

case.4

引かれ合ってはいても、 関係は、まだ成立していない。 素晴らしい関係を築いていこう、 という大きな夢を抱くのはいいけれど、 現実的に、動ける段階にはありません。 相手は、悠然としているようだから、 こちらも、焦らないで。

四爻

case.1

長期の懸命な努力によって、 行くべき道を貫き通すならば、 良い結果に通じることとなり、 悔いることもなくなりそう。 必死の覚悟で三年も奮闘すれば、 立派に目的を成し遂げることが できるでしょう。

case.2

長期の努力で成し遂げていく。 すぐに結果が出なくても、 行くべき道から決して引かずに、 懸命に果敢に挑戦を続けていく。 時間をかけ腰を据えて励む 覚悟を決めるべき段階。

case.3

先が見えてきました。 まだまだ遠い先ではあるけれど、 成し遂げる見通しが立ちましたね。 頑張りましょう、忍耐強く。 ひたすら真っ直ぐに努力あるのみ!

case.4

引かれ合っている関係ですが、 全ては、これから。 関係を成立させるためには、 必死の努力と忍耐で、 問題を克服しなければならない。 相手も、まだまだ未熟です。 三年はかかる覚悟で。

五爻

case.1

聡明さや誠実さが光り輝くようなとき。 行くべき道を正しく歩み続ければ、 悔いもなく、良い結果に通じていくでしょう。

case.2

美しく歩んでいく。 未完成の道だけれど、 光り輝く真実の道、 歩み続けていくべき道。 最善の道を歩んでいる、 素晴らしい道程にある段階。

case.3

道は通じていきます。 これから向かっていく、その先に。 進み続けていきましょう、 可能性と希望に満ちた未来へと。 見るべきものを見て、 想うべきことを想っています。

case.4

未完成の関係ではありますが、 お互いに、誠実で、聡明で、 申し分のない関係です。 この関係を大切にしていけば、 この先に、もっともっと輝く、 素晴らしい関係になっていく。

上爻

case.1

完成のときは近いかも。 今を楽しみながら、確信を胸に、 泰然と、そのときを待つならば、 問題なし。 焦りに溺れてしまったら、 あったはずの確信も、 失われていくことになるでしょう。

case.2

もうすぐ成る。 その喜びを実感して、 ときが満ちてゆくのを待つ。 成るべきものだから成る、 完成すべきだから完成していく、 その確信を深めていく過渡期。

case.3

成っていきますね。 まだそのときではなくても、 いつかは成ることは間違いない。 ゆっくり待ちましょう。 やけになってはいけません。 今このときの成っていく感覚を、 心から楽しむ余裕が鍵です。

case.4

まだ何も成立していない、 未完成の関係であったとしても、 成立し完成するときは、 きっと、もうすぐ。 だから、その予感を楽しんで、 そのときを、ゆったり待って。 焦ってしまったら、台無しです。