水地比

すいちひ

image

親しむ

case.1

親しみ助け合うことが、良い結果に通じるとき。 親しもうとしている道が行くべき道であることを、 何度でも確かめながら、いつまでもしっかりと 正しい道に親しみ続けていくのであれば、 何も問題となることはないでしょう。 不安に感じていたことにも、今なら、 親しむことができそう。 ただし、もともと親しむことができなかったものに、 後から親しんでいこうとしても、 良い結果は期待できないかもしれません。

初爻

case.1

これから誠意をもって親しもうとしていくならば、 何も問題はないとき。 その真心が心中を満たすようになれば、 最終的に、思いがけない良い結果を 手にすることができるでしょう。

case.2

親しんでいく。 心がひかれるものに、 純粋な想いを注ぎ込んでいく。 素晴らしい予感とともに、 親しむべき道を歩み出していく段階。

case.3

全ては、これから。 仲良くなりたいと思うなら、 相手に対する想いが真実であり、 その気持ちが心に溢れていることを、 親しみを込めて、伝えていくこと。 今は、相手にその気がなくても、 やがては、その誠意が通じ、 相手の心も満たされて、 こちらに振り向いてくれるかも。 予想外の展開も有り得るので、 あきらめないで。

二爻

case.1

引かれ合うものに、 自分から親しもうとしていくとき。 そのような態度は正しく、 良い結果に通じることになるでしょう。

case.2

自分で決めていく。 親しみのある道ではなく、 親しみたい道へ。 純粋に想いが溢れる方向へと 自発的に一歩を踏み出していく段階。

case.3

お互いに親しみを感じていて、 仲良くしていけそう。 引かれ合っているという 感覚があるのなら、 相手の出方を待っていないで、 自分から行動を起こして。 助け合える良好な関係を、 長く築くことができるでしょう。

三爻

case.1

親しもうとしている道は、 どれも行くべき道ではないのかも。 残念ですが、今はしばらく様子を見て、 親しむべきか、親しむことができるのかを、 よく確かめて見極めましょう。

case.2

親しめるものが何もない。 行くべき道を否定され、 向かうべき道を見失っていく。 孤独に耐え、空白を忍ぶしかない、 やるせなさの漂う段階。

case.3

残念ながら、相手は、 あなたに相応しくありません。 相手には、本気で応じてくれる意思も、 こちらへの誠意もないようです。 痛ましいことではありますが、 このような相手と親しもうとするのは、 間違った道に入ろうとするようなもの。 親しくしてきた相手だとしても、 今は、関わるべきではありません。 心を強く持って、自分から遠ざけましょう。

四爻

case.1

親しむべきものに親しむことのできるとき。 目を外に向けて、自分に本当に必要な方に、 親しんでいこうとする姿勢が大事。 そのようであれば、正しい道を進み、 良い結果を得ることができるでしょう。

case.2

振り切っていく。 これから親しみたいと思うものは、 これまで親しんできたものとは 違うものかもしれない。 新しい視界が開け、 進むべき新鮮な道が現れてくる段階。

case.3

その相手と親しむことが、 今の自分にとって正しいことか、 よく考えてみてください。 他に、もっと相応しい相手が、 近くにいるのではないでしょうか。 腐れ縁は断ち切って、 今の自分に本当に必要な相手と 親しくしていくことが、 大事なときかもしれません。

五爻

case.1

去るものを追うことなく、 手の内にあるものを縛ろうとすることなく、 親しむという態度を明確に打ち出していくならば、 良い結果を得ることができるでしょう。

case.2

来るものがあり、去るものがあり、 何が起きても起きなくても、 目の前にあるものと親しんでいく。 自己の現実を受け容れ、 自分自身の道と親しみながら、 余裕を持って歩むことのできる段階。

case.3

仲良くなりたい、と お互いに感じているはずなので、 相手と親しくしていきたい、 という気持ちを、態度で表して。 警戒心を抱かせないように、 向こうから来てくれるなら、 喜んで受け入れるし、 相手を縛る気もない、 という姿勢を、見せること。 気持ちに余裕を持って、 良好な関係を築いていきましょう。

上爻

case.1

もともと親しむことができなかったものに 親しもうとしていくのは、 無理なことなのかもしれません。 良い結果は期待できそうにないので、 親しむべきなのかどうか、もう少し確かめて。

case.2

今さら親しむことはできない。 出遅れたことには見切りをつけ、 次の道、他の道を、探していく。 いつまでもぐずぐずと 出来ないことに関わっていないで、 気持ちを切り換えていくべき過渡期。

case.3

馴染めないと感じる部分は、 どんなに時間が経っても、 馴染めるようにはならなさそう。 最初にダメだと思ったなら、 なんとかして親しもうとしても、 無駄なことかもしれません。 相手と関わり続けることが、 自分に相応しいことなのかどうかを、 見直してみてください。 相手も同じように感じているのでは。