風天小畜

ふうてんしょうちく

image

密雲して雨ふらず

case.1

力の弱いものに、少し留められるときであり、 力の弱いものが、少し蓄積されているとき。 何かに少し引き留められるようなことがあっても、 やがては、道は通っていくようになるでしょう。 何かが起こり始めている気配があっても、 その結集力は未だ弱く、それが引き起こされるには、 もうしばらく時間の経過が必要なときです。

初爻

case.1

自分が本来あるべき場所に 帰ろうとしているのであれば、 留めようとするものがあったとしても、 全く問題とは成り得ません。 正しい道を行くのならば、 良い結果を得られるでしょう。

case.2

留められていく。 すぐには進めないけれど、 留めようとする力も強くはない。 必ずそのうち進んでいける、 留められても問題とはならない段階。

case.3

問題はなさそうですね。 少し時間はかかったとしても、 ちゃんと自分の居場所に 戻り着くことができる。 もどかしい想いをしたとしても、 必ず辿り着くことができます。

case.4

その相手は、 自分が帰りつくべき居場所 であるような相手。 気持ちは通じているし、 応じ合おうと思い合っている、 良い関係を築ける相手です。 実際に手を取り合うまでには、 まだ、もうしばらく、 時間が必要かもしれないけれど。

二爻

case.1

自分が本来行くべき道を 行こうとしているならば、 少し留めるものがあったとしても、 突破するための協力や応援が得られそう。 心強い道連れとなるものをを得て進めば、 良い結果を得られるでしょう。

case.2

そのままでは進めない。 停滞を突破しようと、 不足する力を補っていく。 留められ、行くべき道を行くために 必要なものを取り込んでいく段階。

case.3

大丈夫そうですね。 独りでは厳しいかなということも、 しっかり応援を得ていくことができる。 なかなかすぐには難しそうだけれど、 力を合わせれば、なんとかなりそうですね。

case.4

その相手は、 同じ方向を見て、 共に進んでいける相手。 お互いを求め合っている わけではないけれど、 同じ目的のために、 力を合わせることができる相手。 協力関係を築けば、 少し停滞しているような状況も、 動き出すことになるでしょう。

三爻

case.1

関わるべきではないものと関わって、 足留めをくらってしまいやすいとき。 間違いに気づいたときには、 収拾がつかなくなる恐れがあるので、 少し留まるぐらいなら、などと 甘く考えないこと。

case.2

引き留められていく。 喜んで留まれば、 進めなくなり難儀する。 少し休むつもりで、道半ばにして 挫折してしまいやすい段階。

case.3

そこで止まってしまうの? これが求めてきたことでしょうか。 なかなか結果が出ないのは苦しい。 でもだからといって、ここで終わり? これで満足できるとは思えません。 挫折して、妥協して、失敗を選ぶの?

case.4

相手に向かっていきたくても、 引き留められてしまうとき。 別の相手に、 心を引かれやすいときでもあり、 軽い気持ちで持った関係のせいで、 泥沼に引きずり込まれるような 恐れもあるので、注意。 そんなことをしているうちに、 相手は既に、他の相手と 落ち着いてしまうかもしれません。 なかなかうまくいかなくても、 脇道にそれないで。

四爻

case.1

弱い力で奮闘するとき。 傷つくことや不安なことがあっても、 誠意を尽くして臨むならば、 憂慮は去り、問題はなくなるでしょう。

case.2

ぼろぼろになるまで頑張っても、 この手に留められるのは少しだけ。 それでも頑張る、その意志は本物で、 頑張っただけの何かは得られる。 不安や恐れを振り払い、 出せるだけの力をしぼり尽くす段階。

case.3

心配しないで、あと少しです。 なかなか成果が出なくて 苦しいこともあっただろうけれど、 真剣によく頑張ってきましたよね。 その努力、もうすぐ報われます。

case.4

傷ついたり不安になったりする こともあるかもしれませんが、 相手に対する気持ちは本物だし、 想いは伝わっています。 相手にも、応じ合いたいという、 真摯な気持ちがある。 それでも、今は、すぐには 進めない事情があるのかもしれません。 もうしばらく、時間が必要。

五爻

case.1

誠意をもって、力を結集させるべきとき。 自分の持つ力をどのように使えば、 流れを増幅させることができるかを、考えて。

case.2

小さな力を集めていく。 集めたもの、集まったもの、 その全てそれぞれが喜べるように、 手にした力を使っていく。 力が結集し始め、あともう少しで、 ことを起こすことができそうな段階。

case.3

もう少しですね。 真剣に努力を続けてきたし、 流れも味方についている。 自分のためだけでなく 周囲や状況のためも思って、 あきらめずにずっと目指してきたこと、 成し遂げるときはもうすぐです。

case.4

大事なのは、 自分のことを考えるだけでなく、 相手の利益も考えること。 手をつなぎ合って、 心から助け合える相手なので、 一緒に良い方向に進み、 豊かさを共有しよう、 という姿勢を持つこと。 それぞれの力は小さくても、 それらを結集させることで、 何かを動かせるかもしれないから。

上爻

case.1

力が充分に結集され、 既にことが起きている状態に、 留まっているようなとき。 極点に近いときなので、 どんなに正しい態度を保っても、 そこに留まることは危ういし、 これ以上を求めて進んでも、 良い結果は得られないでしょう。 現状が安定しているようでも、 その状態を留める力は小さく、 乱れゆく前兆のときなのかも。

case.2

もうすぐ起こる。 留めている力はもうほんのわずか、 これ以上は何もしなくても、 自ずとそのときは来る。 少しずつ蓄積された力が輝き出し、 沸点を迎えようとしている過渡期。

case.3

もどかしかったけれど、 やっとここまで至りましたね。 でも、もうそんなに長くは、 この状態に留まってはいられない。 ここも一つの通過点。 成し遂げれば、過去になる。

case.4

その相手とは別に、 既に関係を築いている相手が、 いるのではないでしょうか。 その既にある関係を乱して、 この相手を求めていくというならば、 それが危険な行為であるということは、 自覚しておかなくてはなりません。 その相手も、こちらを、 一途に想ってくれているかどうかは、 疑わしいところ。 ためらいがあるのなら、 強引に進むようなことはしないで。