9月

生まれ

2017年3月~2018年2月

動きが止まりやすいとき。物事が膠着しやすいときですが、積極的に停滞を打破しようとするよりも、自然と流れが生じ始めるのを待つ方が得策。前に進めないからといって、妙な横道に踏み入らないこと。状況が動き出すまで我慢を。

1日 2日 8日 16日 17日 19日 23日 生まれ

進むべきではないと分かっている道を進まないこと。塞がる時期に開いている道は、行くべき正しい道ではありません。停滞を経験することにも意味がある。我慢できずにおかしな動き方をすれば、自分を貶めることになると心得て。

3日 10日 12日 15日 25日 26日 生まれ

止まっていることは悪いことではありません。動くべきときもあれば止まるべきときもある。止まるべきときには止まっていればよいだけ。動かさなくてはと強引に無理を通す方が危ない。運気や状況の変化に敏感になることが大事です。

4日 6日 13日 18日 24日 29日 生まれ

そのときが来れば、道は開けます。動きが生じ始めてきたのを感じたら、今だと確信を持てたときに、行動を起こして。膠着を揺さぶり、幸運の流れを招き起こすことができるでしょう。最善のタイミングを見極めることが鍵です。

5日 9日 20日 28日 生まれ

自分が置かれている状況や立場をよく理解して受け容れることが鍵。自分がどういう態度をとるべきなのかをわきまえて、抗ったり逆らったりしないことが大事です。今は、行き詰まる方が正しい道。怪しいチャンスにとびつかないで。

7日 21日 生まれ

その気になれば、状況を改善し、道を通すことができます。ただし、それで満足して安心してしまわないことが大事。放っておけば、動いたものもまた自然と止まります。常に気を配って、無理のない形で、意識的に淀みを解消させて。

11日 14日 22日 生まれ

どうしてもすべきことに真剣に打ち込むならば、状況をごそっと動かすこともできそう。動かしやすいところに働きかけて、忍耐強く道を通す努力を続けるとよいでしょう。行き詰まったときに、あきらめたり自分を曲げたりしないこと。

27日 30日 生まれ

停滞するのは始めだけ。次第に動きが生じ、閉塞が破られていくことになるでしょう。淀みは自然と解消されていくので、先を焦らないこと。運気はだんだんと活発になっていきます。状況が活性化されていく喜びを実感できる過渡期。

天地否(上から順に、三爻、爻なし、四爻、二爻、五爻、初爻、上爻)

2016年 2017年 2018年
9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月
2016年9月~2017年8月の運気
2017年3月~2018年2月の運気